汗臭い人は何が違う?「臭う」脇汗と「臭わない」脇汗。

汗をかくと、人間であれば少なからず汗臭くなるものですよね。
でも、同じように汗をかいていても、汗臭い人と汗臭くない人がいます。

脇の臭いを気にしている私からすれば、汗をかいても臭わない人がいるって、なんだかとても不公平な気さえしてしまいます。

Fotolia_76025731_XS実は、人間のかく汗には、臭いが強いものと弱いものがあって、汗臭くない人は、ニオイが弱い汗をかいているのです。

それなら、汗臭くない汗をかきたくありませんか?
調べてみたところ、汗腺をトレーニングすることで、なんと、汗の臭いをある程度抑えることが出来るのです!

そこで、この記事では、臭う脇汗と臭わない脇汗の違い、脇汗のニオイを弱くするためにはどうしたらよいのか?について書いていきたいと思います。

臭う脇汗と臭わない脇汗の違いは?

エクリン汗腺とアポクリン汗腺

汗を出す「汗腺」には、エクリン汗腺とアポクリン汗腺があります。

エクリン汗腺は暑い時に体温機能を調節したり、緊張した時に汗を出すもので、通常私たちが「汗をかく」と言っている汗のほとんどは、エクリン汗腺から出た汗です。
エクリン汗腺から出た汗は、本来はサラサラしていて臭いません

一方でアポクリン汗腺から出る汗は、わきがの原因となる汗で、粘り気があり、栄養分が多い汗です。
必ずしも暑い時に出るわけではなく、どのようなタイミングで汗が出されるのか解明されていません。
アポクリン汗腺の機能の発達、汗腺の数は個人差があって、この数が多くて発達している人が、いわゆるわきが体質になります。

運動して出る脇汗は、本来臭わないもの

Fotolia_41888381_XS運動して出る脇汗や暑い時に出る脇汗は、エクリン汗腺から出る汗です。
ですから、本来は、汗に臭いが無く、サラっとしているはずです。

でも、実際には個人差があって、汗がべとついて臭う人もいれば、汗臭くならない人もいます。
これは一体なぜなのでしょうか?

エクリン汗腺の汗が、本来は臭わない理由

エクリン汗腺の汗は、血液から水分とミネラル分を吸収して作られます。
血液・・・ってちょっと意外かもしれませんね。
でも、汗は血液がもとになって作られているんです。

血液から抽出された汗は、まず汗腺に送られます。
そして汗腺で、体に必要なミネラル分が汗から吸収され、水分とわずかな塩分だけになって、体の外へ「汗」として排出されます。

Fotolia_80706554_XS栄養分などは含まれていませんから、汗はサラサラしていてすぐに蒸発します。
また、塩分が肌の表面を酸性に保つので、アルカリ性を好む雑菌が繁殖しないため、臭いも発しません。

このように、エクリン汗腺から出る汗であれば、脇汗も、本来全く臭わないものなのです

脇汗が臭ってしまう理由

ところが、暑い時や緊張した時にエクリン汗腺から汗が出る時も、臭う汗が出るケースがあります
これは、汗腺の機能が衰えてしまっているからなのです。

汗の元は、血液から水分とミネラル分を吸収して作られます。
そして、汗腺に送られて、本来はそこからミネラル分が吸収されることで、水分とわずかな塩分だけのサラサラの汗が作られるわけです。

WS000006ところが、汗腺機能が弱ってしまうとミネラル分の吸収がされず、ミネラル分を含んだ栄養素タップリの粘ついた汗が排出されてしまいます。

この汗は、臭いを出す雑菌が好むアルカリ性で、しかも栄養素がたっぷりあります。
そのため雑菌が繁殖して、汗臭くなってしまうのです。

エクリン腺からの汗が、臭ってしまう人と臭わない人がいるのは、このようなしくみが働いているからなのです。

臭わない汗を出すには、汗腺を鍛えて!

汗腺機能はなぜ衰えるのか?

汗腺機能が衰えるのは、運動不足とエアコン完備の環境に因るところが大きいですね。

習慣的に運動をしている人は、汗をかく頻度が高く、そのため汗腺も鍛えられています。
ところが、運動不足の人は(私もそうですが)、汗をかく頻度が低いために、汗腺機能が衰えてしまっているのです。

また、エアコンの完備されたスペースで生活していると、汗をかかなくなりますよね。
昔の人は、暑い時には汗をかくのが当たり前だったのに、現代人は、一年中快適な気温で暮らすことで、汗腺機能を衰えさせてしまっているわけです。

汗腺機能を鍛えるには、運動がベスト。でも・・・

beautiful asian woman jogging in the park理想論を言えば・・・汗腺機能を鍛えるためには、運動をすることが何よりも大切です
習慣的に運動をして、汗をたくさんかいて汗腺機能を鍛える・・・これが理想ですね。

でも、実際には、運動って、中々長続きしないんですよね。
運動が苦手なケースや時間が取れないケースは、三日坊主で終わってしまいます。

かと言って、汗腺を鍛えるためにエアコン無しの生活に戻るのは、ちょっと辛いし、脇の臭いが気になっている人にはあまりお勧めできません。

バスタイムを使った汗腺トレーニング法

そこで、入浴時間を使って、汗をたくさん出すのがお勧めです。
40℃以下の、ぬるめのお湯に20~30分ほど使って、体を芯から温めます

Fotolia_67473398_XS熱いお湯だと、体の表面だけが熱くなるので、体の内部から温まることが出来ません。
そうすると発汗作用が持続せず、お風呂上がりに、体が早く冷えてしまうんです。

ぬるいお湯でじっくり温まると、お風呂上がりもしばらく発汗作用が続きます。
この時だけは、エアコンで冷やしたりせず、自然に身を任せてたくさん汗をかいて汗腺を鍛えます。

ただし、脱水症状には気を付けて下さいね。
風呂上がりに水を飲むなどして、水分補給は忘れないで下さい。

それでも汗が臭う場合は、制汗剤の選び方が大切!

色々やってみても、やっぱり汗が臭う・・・そんな場合は、制汗剤に頼らざるを得ません。
でも、その場合には選び方がポイントになりますので、注意してください。

どんな制汗剤でも、汗を100%止めるということは不可能です。
そのため、わきがの場合など、汗そのものが臭ってしまう場合は、「汗を抑える」ことで臭いを回避することは難しいです。

Fotolia_41180177_XS

そこで、汗の臭いが気になる人に提案したいのは、

  • 汗が出ても臭わない制汗剤
  • 保湿成分の入っている制汗剤

を選ぶこと。

まず、汗が臭わないように、制汗剤に殺菌力があることはとても大切
汗が臭う最大の原因は、汗に含まれる栄養分で雑菌が繁殖することです。

また、殺菌力が強くても、肌への刺激が強すぎるものはNG!
なぜなら肌への刺激は、汗の臭いの元になる「皮脂」の分泌をさかんにしてしまうからです。
おすすめなのは、保湿成分を含んでいる肌に優しい制汗剤です。

制汗剤の保湿成分が、肌を乾燥から守るので、皮脂の分泌を抑えることができるのです。

制汗剤を探したい人はこちらを読んでください。

フッターバナー_おすすめ02フッターバナー_制汗剤02
フッターバナー_わきがクリームの選び方02フッターバナー_石鹸の選び方02 フッターバナー_おすすめ03フッターバナー_わきがのチェック01フッターバナー_価格による違い01フッターバナー_基礎知識01

TOPページへ

サブコンテンツ

このページの先頭へ