汗腺トレーニングでサラサラ無臭の汗がかける身体づくり!

運動するときに、ドバーっとベタベタした汗がでると、一気にやる気が出なくなりますよね。
なにより臭いが気になります。

しかし、実は、汗はサラサラして無臭!

ではなぜ自分の汗は臭ってしまうのか・・・。
そんな臭う汗を治す方法に汗腺トレーニングというものがあります。

今回はその汗腺トレーニングの方法をご紹介します。

なぜ臭う汗と臭わない汗があるの?

原因は汗腺にあり!

汗は汗腺というところから出ます。

実はその汗腺の機能が低下することが、臭う汗を作る原因になっているのです。
クーラーの効いた涼しい部屋にいることが多い人や、あまり運動をしない人は、汗腺の機能が低下しています。

ということは、臭わない汗をかく人は汗腺がきちんと働いている人ということになりますね。

汗腺の機能を高めるには汗腺トレーニング!

では、汗腺がきちんと働くようにするには、どうしたら良いでしょうか?

それはもちろん汗をかくことです!
とは言え、急に運動して汗をかいてもベタベタした汗が相変わらず出てしまうだけなのです。

ここで、汗腺トレーニングを行って、汗腺を働かすトレーニングを行いましょう。

お風呂で汗腺トレーニングをしよう

お風呂に入る時のひと手間で汗腺トレーニング

お風呂に入る時、塩をお湯にいれることで、汗腺トレーニングができます。

塩風呂にすることによって、発汗が促されるのです。
ふつうのお湯で長風呂すると、汗腺の出口がふやけて閉じられてしまいますが、塩風呂ではそんなこともありません。

入れる塩の量はひとつまみ
海塩はミネラルも豊富でオススメです。

半身浴は39度に、全身浴は41度に設定します。
39度では短めに浸かり、41度では長めに浸かります。

塩風呂は美肌になったり、冷え性に効果があったりと良いことだらけです!

3stepで汗腺トレーニング

お風呂に入った時に、次の①〜③を順番に行うと、効率よく汗腺トレーニングを行うことができます。

①高音で手足浴

お湯の温度は熱めに43〜44度くらいに設定します。
お湯の量は湯船の3分の1から半分くらいです。

両手(肘から下)両足(膝から下)を湯船につけましょう。
時間は10〜15分です。

イスを湯船に入れて座れるようにすると、両手が浸かりやすくなります。

四肢には汗腺が集中していますが、実は働いていない汗腺が多く存在しています。
ですので、熱いお湯で刺激してここの汗腺を鍛えると、汗腺機能が向上するのです。

この手足浴を行うと5分くらいでたくさん汗が出るでしょう。

皮膚の弱い人は41〜42度くらいの温度にしてやけどしないようにしてください。

②手足浴の次には微温浴

次にぬるま湯を足して36度くらいにします。
時間は10〜15分浸かりましょう。

高まった交感神経をしずめてリラックスするための入浴なので、半身浴でも全身浴でも大丈夫。
この時に湯船にコップ1杯分のお酢を入れてみてください。

お酢には発汗を促す働きがあるのでオススメです。

③自然に汗を発汗させる

お風呂上がりはタオルで十分に水分を拭き取ります。
すぐに服を着ないで汗を自然に蒸発させましょう

しかし、クーラーや扇風機で乾かすのはよくありません。
自然に汗が乾くのを待つことで、汗腺の働きがよくなります。

お風呂上がりにさらに汗腺機能をアップさせよう

また、お風呂上がりにはリンゴ酢や黒酢、クエン酸を使ったドリンクを飲んだり、ショウガドリンクを飲んだりするのがオススメ。
汗腺機能がさらにアップします。

リンゴ酢の作り方

りんごを1個、皮付きで1cm角に切ります。
広口のビンに切ったりんごとお酢w500ml入れます。
陽の当たらない涼しい場所で3~4週間保存。

お酢の色が茶色になったら出来上がりです。

水やお湯で2倍に割って、1日1コップを目安に飲みましょう。
夏は炭酸水で割ると、爽やかな味を楽しめます。

ショウガドリンクの作り方

ショウガドリンクはとても簡単。

すりおろしたショウガにはちみつを加えてお湯でといただけで美味しいショウガドリンクができます。
夏は冷やしておくとさっぱりした味になります。

手足浴や微温浴をする時間がない場合には乾布摩擦を

手足浴や微温浴を行う時間がない時には乾布摩擦を行いましょう。

手や腕、足、すねなどの皮膚を、乾いた布でこすります。
毛の流れに合わせて熱く感じるまで行いましょう。

そうすると、汗腺トレーニングと似た効果が得られます。

冷房が寒い時などにもオススメの暖まり方です。

汗腺トレーニングで得られること

汗腺トレーニングをすれば、汗腺の機能を上げることができます。
つまり、働いてくれる汗腺を増やすことができるのです。

そうすることで、サラッとした臭いの無い汗をかくことができる身体に。

たくさん汗をかく夏や、暖房などで意外と汗をかく冬がくる前に汗腺トレーニングを行えば、爽やかな季節を過ごせますね。

汗腺トレーニングで良い汗がかける身体づくりを

サラサラで臭わない汗が流れたら、運動が苦手でも、積極的になれますよね。
また、他の人から臭いって思われているかも・・・という悩みも解消できます。

汗腺トレーニングで良い汗がかけるようになりましょう。

フッターバナー_おすすめ02フッターバナー_制汗剤02
フッターバナー_わきがクリームの選び方02フッターバナー_石鹸の選び方02 フッターバナー_おすすめ03フッターバナー_わきがのチェック01フッターバナー_価格による違い01フッターバナー_基礎知識01

TOPページへ

サブコンテンツ

このページの先頭へ