ダイエット臭に注意して!わきがと勘違いするケースも。

ダイエットをしていて、最近自分がわきがになったんじゃないかと思ったことはありませんか?

でも、二十歳を超えてある日突然わきがになるということはありません。
そのにおいはダイエット臭と呼ばれるものかもしれません。

ダイエット臭はわきがとは全く関係のないにおいで、食事制限をすることで発生するにおいです。
しかしにおいを感じたり指摘されたりすると、自分がわきがなのではないかと悩みますよね。

ここでは、ダイエット臭がどのようなものであるのか、またどうしたらダイエット臭を治せるのかについて紹介します。

ダイエット臭は、食事制限が原因で発生する臭いです!

ダイエット臭は気づきにくい

ダイエット臭は空腹時に生じるにおいで、甘酸っぱいにおいがします。
ダイエット臭はダイエットを始めてすぐに生じるのではなく、徐々ににおいがきつくなっていきます。
そのため、自分自身では自分のにおいに気が付きにくいのです。

運動をせず食事だけ抜くとダイエット臭がします

食事制限のみによるダイエットを行うと、ダイエット臭がしやすくなります。

運動をせず基礎代謝が低いまま食事制限を行うと、食事からエネルギーを生み出せなくなり、体内にある中性脂肪を燃焼させてエネルギーを得ようとします。

中性脂肪が燃焼すると脂肪酸が生成されます。
脂肪酸が血中に増加すると、ケトン体というものができるようになります。
このケトン体が、ダイエット臭をもたらすのです。

ダイエット臭がしないダイエットに運動は不可欠

ダイエット臭がするということは、基礎代謝機能が低下しているということです。
基礎代謝機能が低下したまま体重が減っても、すぐにリバウンドしてしまいます。

ですからにおいを消して、ダイエットをするためには、運動をして基礎代謝機能を高めなければなりません。

また基礎代謝機能を高める海藻類(昆布やわかめなど)を食べることも、においの軽減に効果的です。

ダイエット臭は、わきがと勘違いされやすい

わきがとダイエット臭は違います

ダイエット臭をわきがと勘違いして悩んでしまう人もいます。

わきがはアポクリン汗腺という汗腺がにおいの原因です。
また、ダイエット臭は体内のケトン体が原因です。

ですから、わきがとダイエット臭のにおいのメカニズムは全く異なります。
ダイエットをしている方がにおうのは、わきがではなくダイエット臭かもしれません。

食事制限だけのダイエットはわきがの勘違いの原因に!

運動せずに食事だけ抜いてダイエットをしても、体臭がきつくなってしまったらいやですよね。

また運動をしないと筋肉量が落ち、基礎代謝機能も低下して、太りやすい体になってしまいます。
仮に痩せたとしても、太りやすい体のままではダイエット成功とは言えないでしょう。

ダイエット臭をなくすためにも、ダイエットを成功させるためにも、適度な運動は必要不可欠といえるでしょう。

運動によるダイエットには、体臭を抑える役割も

運動をすると、ダイエット中の体臭を抑えることができます。

運動をしないと汗がべたべたします。
べたべたした汗は老廃物や栄養が多く、雑菌が繁殖しやすくなります。
これが体臭の原因になることもあるのです。

しかし運動をして汗をたくさんかくようになると、体内の老廃物や栄養が出ていき、だんだん汗がさらさらします。

さらさらした汗に雑菌は繁殖しにくいため、自然とにおいも抑えられます。

フッターバナー_おすすめ02フッターバナー_制汗剤02
フッターバナー_わきがクリームの選び方02フッターバナー_石鹸の選び方02 フッターバナー_おすすめ03フッターバナー_わきがのチェック01フッターバナー_価格による違い01フッターバナー_基礎知識01

TOPページへ

サブコンテンツ

このページの先頭へ