多汗症の種類と汗っかきとの違い

普段、たくさんの汗をかいていて、「もしかして多汗症かな」って不安になったことはありませんか。

AIKOただの汗っかきと多汗症は違います。また、多汗症にも色々な種類があります。

もし多汗症かも?と思っていたら、以下の記事で自分に当てはなるものがあるか確認してみて下さい。

多汗症について

多汗症と汗っかきのちがい

多汗症と汗っかきでは何が違うのでしょうか。

暑くなると、わきに大量に汗をかくだけであれば、汗っかきなだけで、多汗症ではありません。
暑い時に汗をかくのは人間としては普通のことで、むしろ汗をかけない人は、体の熱を下げられなくなるので問題があります。

ワキの匂いに悩むOL一方で、寒暖にかかわらず、1日中わきの下が濡れているということになると、多汗症の可能性があります

また、緊張した時だけ、わきに大量の汗をかく場合、その量が多すぎると多汗症の可能性はあります。
緊張した時に脇の下に汗をかくこと自体は普通の事なのですが、問題はその量です。
ダラダラと水が流れ出るように汗をかくのであれば、多汗症かもしれません。

多汗症は自律神経の影響が大きい

人間の体の中で、汗のコントロールをするのは「自律神経」と呼ばれる部分です。

自分で意識して動かせる手や足などとは違い、汗のかく・血液を流す・心臓を動かす・・・といったことは自分の意思ではコントロールできません。
こういった自分で意識的にコントロールできない働きを管理しているのが「自律神経」なのです。

汗の量や汗をかくタイミングは、全て、この自律神経によってコントロールされます。
そのため、多汗症は、汗のコントロールがうまく出来てないために起こるので、自律神経の乱れに原因があると言われています。

多汗症の種類

多汗症にも色々な種類があります。原因も症状も、それぞれ異なっています。
病院で治療を受けるにせよ、自分で対策をするにせよ、自分の症状がどのパターンなのかを、まずは見分けておきましょう。

全身性多汗症

多汗症まず、全身性多汗症と言って、全身からたくさんの汗が分泌されてしまうタイプがあります。背中・胸・お腹・お尻・大腿部など全身から大量の汗が出てしまう症状です。

全身多汗症の原因は、遺伝による場合の他、急性リュウマチやバセドー病、結核、更年期障害が原因の場合もあります。基本的には、専門医に診てもらわないと解決は難しいでしょう。

局所性多汗症

全身多汗症に対して、局所性多汗症というタイプがあります。これは、体のごく一部から大量の汗が出てしまう症状です。

多汗症いわゆる手汗をかいてしまう「手掌多汗症(しゅしょうたかんしょう)」と言うタイプ、足だけが異常発汗して常に蒸れてしまう「足蹠多汗症(そくせきたかんしょう)」、脇の下から大量の発汗が起こる「腋窩多汗症(えきかたかんしょう)」といったタイプがあります。

あまりにも脇汗が多い場合は、腋窩多汗症に当てはまる場合があります。
わきの多汗症については、次の記事で詳しく説明してあります。

味覚性多汗症

このほかにも、食事の時に大汗をかいてしまう味覚性多汗症という症状もあります。

カレー辛いものを食べたり熱いものを食べたりすれば、誰でも汗をかくと思います。
でも、味覚多汗症の場合は、食事になると、どんなものを食べても大量の汗をかいてしまいます
メンタル面の影響がとても大きい多汗症です。

更年期障害による多汗症

更年期障害による症状の一つに、ホットフラッシュという大量の発汗があります。

更年期障害は、閉経前の女性が、女性ホルモンが急激に減少することで発症する症状。
女性ホルモンの分泌が低下して、汗の調節機能が働かなくなるために、汗がダラダラと出て止まらなくなることがあります。

フッターバナー_おすすめ02フッターバナー_制汗剤02
フッターバナー_わきがクリームの選び方02フッターバナー_石鹸の選び方02 フッターバナー_おすすめ03フッターバナー_わきがのチェック01フッターバナー_価格による違い01フッターバナー_基礎知識01

TOPページへ

サブコンテンツ

このページの先頭へ