2016年新発売のBanプレミアムラベルは肌が少し突っ張る?

先日、ドラッグストアに行ったら、制汗剤のコーナーで、ゴールド色がとても目立っている商品がありました。
調べてみたら、2016年に新発売になったBan 汗ブロックロールオンのプレミアムラベルという製品で、Banの公式サイトでも一押し的なポジションになっているようですね。

汗を抑える機能をかなり重視したものになっているようなので、早速購入して試してみました。

Ban 汗ブロックロールオン プレミアムラベルの基本情報

Banプレミアムラベル01

■購入価格 756円
 ※2016年4月アマゾンでの価格

■おススメ度 B ※おススメ度はS A B C D Eの5段階


消臭効果  ★★★★☆
制汗効果が続いているうちは良いのですが、一旦汗が出てしまうと厳しいです

制汗効果  ★★★★☆
市販の制汗剤の中では強力な方だと思います。

サラサラ感 ★★☆☆☆
塗った後、肌のツッパリ感がとても気になります。

香り    ★★★★★
無臭です。塗った直後は、アルコール系の匂いがします。

持ち運び  ★★★☆☆
有名すぎる&目立ちすぎるので、持ち運びづらいです。

子供の使用 ★★☆☆☆
肌の表面に膜を張るので、個人的には、子供に使わせたくありません

無香料で、ロール部分が大きく、使いやすいです

Banプレミアムラベル02

わきが対策を考えるなら、無香料が最適です。
香料が含まれると、わきがの臭いとデオドラント剤の香りが混ざって、かえって酷いニオイになりかねないからです。

その点、Banのプレミアムラベルは、アルコール系の香りがするだけで無香料ですから、わきが対策には向いています。

Banプレミアムラベル03

また、ロール部分が大きい点もポイントが高いですね。
脇の下全体に塗りやすいので、使い勝手はとても良いと思います。

実際に塗ってみると、本当に膜が張ります!

さて、Banのプレミアムラベルを手の甲に塗ってみました。
すると、手の上に、セメダインを塗ったような感じで、薄い膜が覆います。

Banプレミアムラベル07

これが公式サイトにも書いてある「汗の出口にフタをする」膜なんですね。

これは強力かもしれない・・・と思う反面、正直なところ、ここまで膜を張ってしまって大丈夫なのだろうか?と少し不安にはなります。
(ただし、公式サイトには、この点は心配ない旨が書いてあいりますね。)

Banプレミアムラベル05

実際に脇の下に塗ってみると、つっぱり感が出てしまいました。
(あくまでも個人的感想です)
何かが脇の下にペタッと張り付いているような感覚がします。
あまりサラサラ感などはありませんね。

制汗力はまあまあ。わきがの消臭力は限定的ですね。

Banプレミアムラベル01

さて、使った時の効果なのですが・・・動いた時に脇の下が湿る程度の暖かい日であれば、制汗力が半日程度は続きます。
脇の下にピタッと張り付いた膜が、汗腺にフタをしてくれているのでしょうね。

ただし、先日、昼の気温が25度になった時には、わずかですが、塗って数時間後には汗染みができてしまいました。
私は脇汗の量が多い方で、この程度の気温になると、いつもかなりの量の汗をかいてしまいます。
汗の量が多いと、持続時間が短くなってしまうようですね。

Ban 全シリーズ

また、ニオイについては、Banの中でも集中予防シリーズの方が効果が高い気がします。
集中予防シリーズは、汗をかいても数時間はニオイを消してくれたのですが、プレミアムラベルは、一旦汗が出てしまうと、脇のニオイが気になりました。

汗を抑えるなら、プレミアムラベルは良いと思いますが、脇汗のニオイが気になる人には、集中予防シリーズか、もしくはニオイに特化した「わきがクリーム」の方がおすすめです。

フッターバナー_おすすめ02フッターバナー_制汗剤02
フッターバナー_わきがクリームの選び方02フッターバナー_石鹸の選び方02 フッターバナー_おすすめ03フッターバナー_わきがのチェック01フッターバナー_価格による違い01フッターバナー_基礎知識01

TOPページへ

サブコンテンツ

このページの先頭へ