Banのパウダースプレーは制汗力より消臭力?

Ban デオドラントパウダースプレーを使ってみました。
エイトフォーやレセナのスプレーと比べてみると、Banのスプレーは、消臭力は強めで制汗力がやや弱い印象です。

一般的にスプレータイプの制汗デオドラント剤は、効果が弱く、Banのパウダースプレーも、
数時間おきにはスプレーし直さないと臭いケアは十分に出来ませんでした

Ban パウダースプレー(無香性)の基本情報

Banパウダースプレー01■45gタイプ 346円 ※2015年4月のアマゾンの価格

■135gタイプ 565円 ※2015年4月のアマゾンの価格

■おススメ度 D ※おススメ度はS A B C D Eの5段階


消臭力   ★★★☆☆
汗をかいた後も、しばらく消臭力がありました。

制汗力   ★★☆☆☆
制汗力は弱いです。

サラサラ感 ★★★★★
パウダースプレーなので、とてもサラサラしています。

香り    ★★★★☆
スプレーに石鹸の香りが少しついています。

持ち運び  ★☆☆☆☆
135gタイプの方は、大きなカンなので、持ち運びには向きません。

子供の使用 ★★★☆☆
子供の使用に言及は無いですが、無香性なので使用しやすいと思います。

Banのシリーズは、スプレー以外にも色々な商品があるので、ちょっと整理してみますね。

Banのシリーズにはいくつかの製品があります。その中で脇にぬってニオイ防止ができるものは、

    Ban 全シリーズ

  • パウダースプレー(写真左)
  • ブロックロールオン
    (左から2・3番目)
  • 集中予防シリーズ
    • 薬用デオドラントロールオン
      (右から2番目)
    • 薬用デオドラントスティック
      (写真右)

の5つですね。

このうち、パウダースプレーは、最も低価格で、最も効果はライトなものになっています。

Banのパウダースプレーは制汗力が弱いけど消臭力はソコソコ

Banのパウダースプレーは無香料でも石鹸の香り

お風呂今回は、Banパウダースプレーの無香性を選んだのですが、スプレーそのものは石鹸の香りがします
脇の下に吹き付けた後も、少しだけ石鹸の香りが残りますので、完全な無香料が良い人には、あまりお勧めできません。

一方で、8×4やレセナ、エージ―プラスでは、無香性のスプレーにパウダー系の癖のある香りがあります。
この系統の匂いで、不快感があった人には、Banの仄かな石鹸の香りは嬉しいと思います。

制汗力は弱いです

脇の汗染みを気にする女性Banのパウダースプレーは制汗力が弱いですね。

私は脇汗の多いタイプで、半袖が丁度良いくらいの気温の時には、スプレー後30分程度で、脇汗が出て小さな汗ジミが出来てしまいました
スプレーしても、ずっとサラサラが続く感じではありませんでした。

Banのスプレーは汗をかいても消臭力アリ。でも持続時間が問題

Banパウダースプレーを使ってみて思ったのは、脇汗をかいても、ある程度は消臭力が持続しているということ。
レセナのように強力な制汗効果が無い代わりに、汗をかいた後でも殺菌効果があって、消臭力があります。

WS000008

ただし、問題なのは、消臭力の持続時間。
私の場合は、スプレーして30分後くらいに脇の下が汗ばんできて、3時間後には脇の臭いが気になりました

Banパウダースプレーを使用する場合は、常にバッグに携帯して、小まめにケアできるようにしておきましょう。

フッターバナー_おすすめ02フッターバナー_制汗剤02
フッターバナー_わきがクリームの選び方02フッターバナー_石鹸の選び方02 フッターバナー_おすすめ03フッターバナー_わきがのチェック01フッターバナー_価格による違い01フッターバナー_基礎知識01

TOPページへ

サブコンテンツ

このページの先頭へ