デオドラントZは本当に脇の臭いに対応できる?試してみました!

渡辺直美がCMをやっているビオレのデオドラントZ。
(男性用で、菅田将暉と澤部佑がでています。)

ロールオンとクリームの2つのタイプがありますね。

実際使ってみたところ、ロールオンもクリームも半日程度であれば、ある程度、臭いを抑えられることがわかりました。
ドラッグストアで購入できるものの中では、最も効果的な部類に入ると思います。

ただし、CMほど効果が出ているのかな?と思える部分もあったので、この記事でしっかりとお伝えしたいと思います。

デオドラントZの基本データ

デオドラントZの集合写真

■単品購入754〜824円 ※2017年3月のアマゾンの価格
■おススメ度 B ※おススメ度はS A B C D Eの5段階



消臭力   ★★★★☆
体感的に6時間程度でした。

制汗力   ★★★★☆
消臭力が薄れてきても、サラサラ感は保っている印象。

サラサラ感 ★★★★★
ぬってすぐにサラサラになります。

香り    ★★★☆☆
香りが強くて、ワキガで悩んでいる人には向きません。

持ち運び  ★★★☆☆
小さくて持ち運びやすいですが、有名すぎて携帯しづらい。

子供の使用 ★★☆☆☆
香りが強すぎて、子供の使用には向きません。

ロールオンは、ロール大きくて塗りやすいけど難点も・・・

デオドラントZのロールオンを実際につかってみました。
これは、かなり使いやすいですね。

デオドラントZ ロールオン デオドラントZのロールオンは、ロールが大きい

ロールが大きくて、短時間で脇の下全体に濡れますから、忙しい朝には最適。
ただ、ロールを転がしている時に出てくる液体の量が少し多めで、脇の下から少し垂れてしまいます。

デオドラントZ ロールオンは液体が垂れやすい

また、液体の臭いがかなり強いですね。
虫刺されの薬の「キンカン」より、もっと強いアンモニア系の刺激臭がします。

エッセンス(クリームタイプ)は、クリームが固くて塗りにくい

デオドラントZのクリームタイプ デオドラントZのクリームは固い

一方で、クリームタイプの方は、クリームの固さが気になります。
脇の下に広範囲に伸ばそうとすると、クリームが固くてちょっと扱いづらいです。

香りは、ロールオンよりはきつくないので、強い香りが苦手な人には、ロールオンよりもおすすめです。

デオドラントZの脇臭を抑える効果は6時間程度でした

デオドラントZを使ってみたところ、脇の臭いや汗を抑える効果は6時間程度という印象です。

今はまだ春なので、ムシムシした夏にどうなるかはわかりません。
肌寒い日だと朝塗って夕方くらいまで効果が続いている日もあるのですが、ポカポカした日に外出すると、お昼過ぎには、少し臭ってきてしまいました。

ただし、制汗力は強いですね。
なんとなく脇の下が生臭くなってきても、脇の下に触れると、サラサラ感が続いています。
そういった意味では、ドラッグストアなどに売っている制汗剤の中では、最も効果的だと思います。

「せっけんの香り」はあまりオススメできません!

デオドラントZには、「無香性」と「せっけんの香り」の2種類があります。


(Bioreの下に青い文字が書いてあるのが「せっけんの香り」)

無香性の方は、塗っている時にかなり強いアンモニア臭がするのですが、塗った後は無臭になります。
ところが、石鹸の香りの方は、塗った後もかなり強い香りがして、脇の下に汗をかき始めると、(あくまでも私個人の場合ですが・・・)汗と混ざって嫌な臭いになっていました。

デオドラントZの「せっけんの香り」は、よくあるタイプの「ふわっと香る石鹸の香り」ではなく、かなりキツイ香水系の匂いですね。

フッターバナー_おすすめ02フッターバナー_制汗剤02
フッターバナー_わきがクリームの選び方02フッターバナー_石鹸の選び方02 フッターバナー_おすすめ03フッターバナー_わきがのチェック01フッターバナー_価格による違い01フッターバナー_基礎知識01

TOPページへ

サブコンテンツ

このページの先頭へ