オドジェルミンで脇汗がピタっと止まりました!

アマゾンで見つけたオドジェルミン
「~ミン」と言う名前がつく制汗剤は、そのほとんどが塩化アルミニウムで汗を抑えるタイプのものですね。

オドジェルミンも同じくで、塩化アルミニウムの制汗剤です。
今まで使った塩化アルミニウム系の制汗剤の中では、最も制汗力が優れている感じです。

オドジェルミンNEOの基本情報

オドジェルミン01■定期購入 無し

■単品購入 2,200円(税抜) ※2015年6月アマゾンでの価格

■おススメ度 B ※おススメ度はS A B C D Eの5段階


消臭力   ★★★★☆
脇汗をしっかりと抑えてくれているので、ニオイが抑えられています。

制汗力   ★★★★★
汗だくになるほど暑い日でなければ、脇汗をしっかりと抑えてくれます。

サラサラ感 ★★★☆☆
脇の下に塗った後、ちょっとヌルヌルして乾くのに少し時間がかかります。

香り    ★★★★★
無臭です。

持ち運び  ★★☆☆☆
大きめのガラス容器で、ちょっとかさばります。ジェルが垂れやすくて、外出先では使いにくいですね。

子供の使用 ★★☆☆☆
子供の使用については、特に言及されていません。

オドジェルミンは携帯性が悪く、扱いにくいのが欠点

オドジェルミンの容器は、ちょっと珍しい形をしています。

容器の底の方が少し広がった感じで、安定性は良いものの、ちょっとかさばる感じです。
また、容器がガラスで出来ているので、ちょっと持ち運びにくいです。
ガラスも厚みがあるのか、ちょっと重いですね。
携帯性はとても悪いと思います。

また、ジェルが使いにくいのも欠点。
オドジェルミンは、ノズルをプッシュするとジェルが出てきます。
問題なのは、このジェルのゆるさ。
ほとんど液体そのもので、指先にとっても、油断するとすぐに床に垂れてしまいます。

オドジェルミンは制汗力が優れている

ジェルのヌルヌル感が取れるのに、少し時間がかかる

オドジェルミンは、ノズルを押して指にとってから、脇の下に塗るタイプのジェルです。

ジェルは無臭で、液体に近いジェルなので脇の下に塗り広げやすいと思います。
ただし、油断すると、指からジェルがこぼれてしまうので注意して下さい。

実際に塗ってみると、脇の下に化粧水を塗ったような感触です。
脇の下がちょっとヌルヌルします。
乾くまで少し時間が必要ですね。

オドジェルミンの制汗力はとても強い。ただし携帯性の低さがネックに。

一旦乾いてしまえば、オドジェルミンの制汗力はかなり高いものがあります。
ちょっと蒸し暑い日でも、脇の下の汗腺をピタッと塞いでしまう感じで、朝塗れば12時くらいまでは、汗染みが出来ない感じです。

ただ、気温が25℃を超えてしまうくらいの日だと、私の場合、お昼に外出すると汗染みが出来てしまいます。
それに一旦汗が噴き出すと、消臭効果は弱いみたいで、わきがの臭いが発生してしまいます。

オドジェルミンは、小まめにケアしながら使っていけば、脇汗もわきがの臭いもピタっと押さえられます。
でも、携帯性が悪いことを考えると・・・小まめなケアがし辛いと言うのがネックになってしまいますね。

塩化アルミニウムの効果が高い

オドジェルミンの効果が高い理由は、配合されている「塩化アルミニウム」です。
塩化アルミニウムは、わきがの治療院でも処方されることがある有効成分。

これが、ジェルの浸透力によって、脇の下のアポクリン腺に蓋をするのが、わきが対策の効果が発揮される理由です。

フッターバナー_おすすめ02フッターバナー_制汗剤02
フッターバナー_わきがクリームの選び方02フッターバナー_石鹸の選び方02 フッターバナー_おすすめ03フッターバナー_わきがのチェック01フッターバナー_価格による違い01フッターバナー_基礎知識01

TOPページへ

サブコンテンツ

このページの先頭へ