保湿はほとんど感じられないハダカラ

ディーン藤岡のCMで、気になっていたハダカラ
日本初の吸着保湿テクノロジーという事で、どんなだろう?と思ってました。

パッケージをみると、作ってるのが、なんとライオンさん!
歯磨き粉や洗剤のイメージが強いメーカーなので、ちょっとおそるおそる使ってみました。

ハダカラボディソープ(リッチソープの香り)の基本情報

■定期初回  なし
 
■単品購入  500円(税抜)

■おススメ度 D ※おススメ度はS A B C D Eの5段階



消臭力   ★★☆☆☆
特に感じられません。

制汗力   ★☆☆☆☆
制汗力はありません。

香り    ★★★☆☆
洗剤のような石けんの香り。

泡立ち   ★★★☆☆
良く泡立ちます。

肌ケア   ★★☆☆☆
保湿どころか、肌のうるおいをとってしまう印象・・・。

子供の使用 ★★☆☆☆
使ってもいいとは思います。

ハダカラを使ってみた感想

ポンプを「ポンッ」と上げた瞬間に香る石けんの匂い

ハダカラを使おうと、ポンプを上げてみました。
すると、ぷーんとする石鹸の香り。

石鹸の匂いというと聞こえはいいのですが、私としてはもうライオン=洗剤のイメージがすりこまれていて、なんとなく恐怖を覚えました(笑)

ほんとうに、良く匂いがするんです。
リッチソープの香りの名のとおり、ものすごーく石鹸の香りがします。

ひとによっては、ハダカラをくさいと感じる人もいるかもしれませんね。

デリケートゾーンや左腕、かかとで保湿を試してやろう

そんなに吸着保湿、吸着保湿いうなら、どれ!デリケートゾーンだけでなく、定番の左腕、そしていつも冬にひび割れてしまう「かかと」に使ってやろうと洗い始めました。

ハダカラは、泡立ちが良く、泡もなめらかなので、もしかしたらいいかも・・・と思いながら洗います。
確かに、洗っている途中は潤っているような気もしますが、そんなに目立った保湿は感じませんでした。

ハダカラを洗い流してみると・・・

お湯でハダカラのボディソープを洗い流してみました。

腕を確認すると、うーん、確かにちょっと潤いが残っているような・・・気もする
といったレベルです。

わきがなどのデリケートゾーンの臭いを防ぐために必要な保湿は期待できなそう。

しかし、かかとは潤っているようで、少しなめらかになっていました。

次の日、なんだか肌がシワシワに・・・

次の日、腕を確認すると、なんだかシワシワになったような。
潤い感もないし、どこらへんが吸着保湿なのか?と言いたくなるほど。

しかし、ボトルの裏を見ると「洗うたび、やわらかい肌に仕上げます」とあるので、使い続ければ何か変わるのかもしれないです。

そういえば、かかとは潤っているので、あながちウソではない気がします。

ハダカラの保湿力では、デリケートゾーンのわきがなどのケアは難しい

デリケートゾーンは乾燥するとひび割れを起こすことも

指先のパックリ割れのように、デリケートゾーンも乾燥するとひび割れを起こすことがあります。
痛いですよねー。

デリケートゾーンは皮膚がうすいので、水分を保つ力が低くいのが乾燥しやすい理由です。
ハダカラは、潤い効果に疑問が残るので、ひび割れ対策にはならないかもしれません。

ハダカラは、汚れを落として、保湿成分は流されないがウリだけど・・・

ハダカラは、デリケートゾーンの臭いの元である皮脂を防ぐための、保湿をあまり感じられず残念。

わきがのレベルにもよると思いますが、目立った効果は感じられないと思いました。

また、洗い流されない保湿成分は、いったいどうなっていくんだろう・・・?という心配も。
しかし、かかとのガサガサには良かったので、かかと用として使っていこうと思います。

フッターバナー_おすすめ02フッターバナー_制汗剤02
フッターバナー_わきがクリームの選び方02フッターバナー_石鹸の選び方02 フッターバナー_おすすめ03フッターバナー_わきがのチェック01フッターバナー_価格による違い01フッターバナー_基礎知識01

TOPページへ

サブコンテンツ

このページの先頭へ