わきがを自覚しても、思いつめすぎないのが大事

「あれ?私ってワキガなのかな?」
女性であるならば、1度はワキガを気にする時があるのではないでしょうか?

やたらとワキガの人の話をされたり、なぜか車の窓を全開にされたりすると「私がワキガってこと?」と疑心暗鬼になることもあると思います。

そして、自分自身はワキガでない証拠をつかみたくて、脇の匂いを嗅いでみたり、服の黄ばみを見てみたりとワキガの特徴を確認します。
このチェックをすることで、ワキガだと自覚する人は多いのではないかと思います。
でも、自覚することは辛いですよね。

ここで大切なことは次の2点です。

  • ワキガを自覚をするのは良いこと
  • 悩みすぎてしまうことは良くないこと

では、どうしてワキガを自覚するのは良いことで、悩みすぎは良くないのかを説明していきましょう。

自覚しているからこそのメリット

周りがあなたのワキガに気づいていない場合や気にならない程度の軽いワキガなら、何も問題はないかもしれませんね。
ですが、それなりに重いワキガなのに、何も行動をしないままでいたら、周りとの関係が悪くなってしまう可能性はあります。

ワキガを自覚した場合、一生懸命に何かしらの策を講じる人は多いと思います。

シートで拭く、制汗剤を使う、脇パットをする、服の上から香水をかけるなど、色々とやってみる人は多いようです。
これを全部、行っている人もいるのではないでしょうか。

あるいは、手術による治療を選ぶ人もいるかもしれませんね。

匂いをおさえようと努力をしたり、汗をかかないように努力したり、こういう行動1つ1つがとても重要だと思います。
あなたにとっても、あなたの周りにいる人にとっても、円満な関係を維持する・新たに築く鍵になると思います。

あなたのそれって本当にワキガ?

ワキガの見分け方は、匂いや耳垢が湿っぽいなどと言われています。
これだと、自分の体調や状況にもよって変わってしまうので、実際のところワキガなのか分かりません。

まず、本当にワキガなのかを、病院で確認しましょう。

病院に行くのは、ハードルが高いように感じますね。
ですが、はっきりと知るために、少しだけ勇気をだして行ってみましょう。

実際にはワキガでなかったというケースは、多くあります。

気にしすぎ、頑張りすぎは逆によくない

匂いや汗をおさえる消臭剤やシートを使っていれば、他人には案外分からないものです。
自分が思っているよりも、周りの人は気にしていない場合も多くあります。

ワキガを気にする気持ちは、かなり分かります。
しかし、気にしすぎるのは、かえってあなたの心が傷ついてしまいます。

また、精神性発汗など別の病気の原因になりかねません。
ワキガを考えれば考えるほど、色々な泥沼にはまっていきます。

私、ワキガだけど文句ある?と適度に、開き直る心も大事です。

考えすぎずに、上手くワキガと付き合っていけると良いですね。

フッターバナー_おすすめ02フッターバナー_制汗剤02
フッターバナー_わきがクリームの選び方02フッターバナー_石鹸の選び方02 フッターバナー_おすすめ03フッターバナー_わきがのチェック01フッターバナー_価格による違い01フッターバナー_基礎知識01

TOPページへ

サブコンテンツ

このページの先頭へ