服についた「わきが」の臭いが、洗濯しても取れない時にすべき事

洗っても、洗っても、についたわきがの臭いが取れなくて、困っていませんか?
クリーニングに出しても、スーツからわきがの臭いが取れなくて、困っていませんか?

わきがの臭いが服についた時、家庭での洗い方やクリーニングの出し方には、ポイントがあります。
この記事では、わきがの臭いを取るための、洗濯方法とクリーニングの利用の仕方を説明したいと思います。

わきがの臭いが服につく理由

アポクリン汗腺から出た汗が繊維に染み込むことが原因

そもそも、なぜ、わきがの臭いが服についてしまうのでしょうか?
わきがは、アポクリン汗腺から出た汗を養分にして、雑菌が繁殖することが原因です。

この汗は、もちろん、衣服の繊維の中にも染み込みます。
すると、繊維の中でも雑菌が繁殖してしまいます
これが、服にわきがの臭いがついてしまう理由です。

家庭の洗剤でわきがの臭いが取れない理由

家で洗濯してもわきがの臭いが取れない場合は、使っている洗剤の洗浄力が不足していることが原因です。
ただし、洗浄力不足と言っても、その人の「わきがの臭い」に対しての洗浄力不足です。

わきがの程度には個人差があって、通常の家庭用洗剤で臭いが取れるものから、不可能なものまで様々です。

クリーニングに出しても、スーツやジャケットからわきがの臭いが取れない理由

スーツ、ドレス、コートなどをクリーニングに出しても、わきがの臭いが取れないというケースもあります。

このようなケースでは、多くの場合、ドライクリーニングを利用しているようですね。

ドライクリーニングは、型崩れさせずに服を洗えるのがメリット。
そのため、ドレス・スーツなどに利用されるクリーニング方法です。

ところが、このドライクリーニング、油汚れには強いものの、汗の汚れ・臭いなど、いわゆる水汚れには弱いというデメリットがあります。
そのため、スーツなどをドライクリーニングに出しても、汗の汚れが落ちにくいですから、わきがの臭いも落ちにくくなってしまうわけです。

わきがの臭いを服からとるための対策は?

家庭で出来る、服からわきがの臭いをとる方法

家庭で出来る対策としては、より強力な洗浄剤や消臭剤を使うことになります。
では、どのようなものを使えば良いのでしょうか?

オススメの3つを紹介したいと思います。

軽度の臭いならセスキ炭酸ソーダを利用

セスキ炭酸ソーダは、お掃除などにも使われることが多いですね。

わきがの臭いが軽度なら、セスキ炭酸ソーダを洗濯機の中に入れるだけでも、消臭効果が出ます。
体にも優しい成分なので、すすぎ時間を長くする必要などもなく、とても使いやすいです。
スプレーの中に水とセスキ炭酸ソーダを入れて、臭う部分にスプレーをする方法もあります。

酸素系漂白剤

わきがの臭いが強い場合には、酸素系漂白剤の使用をするのがオススメです。
ただし、すすぎが必要だったり、ちょっと面倒な作業があったりで、手間はかかってしまいます

まず、40℃くらいのお湯(3リットル)に、30ccくらいの酸素系漂白剤溶かします。
そして、そこにYシャツの脇の下の部分などを浸します。
この後1時間ほど置いておくのですが、途中、少し熱湯を足しながら、なるべく温度が下がらないようにした方が、効果が出やすいようですね。

浸した後は、よくすすいで下さい。

ニオイノンノ

セスキ炭酸ソーダの手軽さと酸素系漂白剤の効果を併せ持ったものとして、私が愛用しているのが、ニオイノンノです。

ニオイノンノを洗濯機の中に数滴垂らして洗うだけでも、かなりの消臭効果があります。
ペットの糞尿のニオイも瞬時に落ちるくらいなので、消臭効果は、とても高いと思います。

クリーニングを利用して、服のわきがのニオイを取るポイント

スーツ、ドレス、コートなどは、家庭用洗濯機では洗えませんよね。
そこで、どうしてもクリーニングを利用することになりますが、その時のポイントがあります。
それは、「汗抜き」サービスを利用することです。

ドライクリーニングでは、わきがの臭いが残ってしまう

一般的に、スーツやコート、ドレスなど、型崩れしやすいものはドライクリーニングに出すことが多いと思います。

ところが、ドライクリーニングは、口紅・オイルの汚れ・排気ガスなどの油汚れには強いものの、汗の汚れや臭い、食べ物の汚れなどの水汚れにはとても弱いんです。
そのため、スーツなどをドライクリーニングに出しても、わきがの臭いはほとんど取れないのです。

わきがに有効なのは「汗抜き」サービスです

そこで、わきがの臭いを服からとりたい場合には、クリーニングに出す時に「汗抜き」サービスを利用することがオススメです

ちょっと言いにくいと思いますが、「汗の臭いが強めについているので・・・」ということを言って、クリーニング店に相談してみてください。
その時に、もし「スーツだからドライクリーニングを」と勧められても、「汗抜き」のサービスがないか確かめるか、もしくは「水洗い」できないか確認しましょう。

わきがに有効な「汗抜き」にも2種類あります

ただし「汗抜き」サービスにも2種類あります。

一つは、仕上がりを重視する、ドライクリーニングで対応するタイプ。
もう一つは、水洗いで対応するタイプです。

ドライクリーニングで対応するタイプは、型崩れしにくい一方で、わきがの臭いの落ち方が悪いケースもあります。
なぜなら、「水洗い」をしていないからです。
わきがの臭いなど、汗の臭いについては、やはり水洗いがおすすめです

水洗いで対応するタイプは、「型崩れしやすい」というリスクがあります。
そのため、仕上がりが、クリーニング店によって差が出ます。
技術のあるクリーニング店で「汗抜き」してもらうことが大切になりますね。

予防策としてやっておきたいこと

ここまで、わきがの黄ばみ・臭いをを落とす方法を書いてきました。
ただ、できることなら、なるべく手間をかけないためにも、予防策は押さえておきたいですね。

服になるべく黄ばみがつかないようにするためには、まずはパッドやインナーをしっかりと使いましょう
脇の下の汗が、服に直接つかなければ、黄ばみも臭いもつくことはありません。

ただし、汗は繊維をすり抜けます

この点もしっかりとケアする必要があって・・・そのためには、制汗剤を使うことが欠かせません
なるべく制汗力が高いものを使うのはもちろん、殺菌力と保湿力も大切です。

わきがの臭いの原因は、アポクリン汗腺を栄養分にした雑菌の繁殖です。
また、乾燥した肌から分泌される皮脂が、臭いを強いものにしてしまいます。

そのため、雑菌を撃退する殺菌力と、皮脂を発生させない保湿力は欠かせません

次の記事では、いろいろな制汗剤の紹介と、選び方について書いています。
よかったら参考にしてみてくださいね。

フッターバナー_おすすめ02フッターバナー_制汗剤02
フッターバナー_わきがクリームの選び方02フッターバナー_石鹸の選び方02 フッターバナー_おすすめ03フッターバナー_わきがのチェック01フッターバナー_価格による違い01フッターバナー_基礎知識01

TOPページへ

サブコンテンツ

このページの先頭へ