「わきが」が冬でも臭う!今日からできる対策を紹介です!

一般に、わきがは、暑い夏が臭うと思われがちですが、実は冬は、わきがが臭いやすい季節です。
そのため、わきがの人は冬でも、わきが対策をしっかりとやっておかないとなりません。

では、一体なぜ、冬になるとわきがが臭いやすくなるのでしょうか?
また、どんなことをすれば、冬のわきがをケアできるのでしょうか?

この記事では、わきがが冬に臭いやすい原因と、その対策方法について紹介したいと思います。

冬に、わきがが臭いやすい原因は?

冬は厚着をしているので、脇の下が蒸れやすい

冬にわきがが臭いやすい原因の一つが「厚着」です。

厚着をしているので、服の中は蒸れやすいですよね。
特に、脇の下は、とても汗をかきやすい部位。
厚着で湿気と温度がとても高くなっているので、雑菌が繁殖しやすい環境になっているのです。

わきがの原因は、アポクリン汗腺から出る栄養分の多い汗を餌に、雑菌が繁殖すること。
蒸れた脇の下で、雑菌が繁殖しながら、わきが臭を出してしまうわけです。

寒いところから暑いところに移動して、上着を脱ぐ

冬に私たちは、寒い外から暖かい建物の中に入るということを頻繁に繰り返します。
外を歩いている時にある程度外気に慣れて、体内で熱を作り出していますから、その状態で暖かい部屋の中に入ると、汗が一気に噴き出します。

その状態で、コートや上着を脱ぐわけですよね。
そうなると、コートの中にこもっていた臭いが、一気に外に拡散します。
そのため、わきがの臭いが周囲に広がってしまいます。

繊維の中にわきが臭が染み込みやすい

夏場は、上半身に着ているのものは、毎日洗濯をしていると思います。
でも、冬場はどうでしょう?

セーターやジャケットは毎日洗濯しないですよね?

実はここが大きな落とし穴。
わきがの原因となるアポクリン汗腺から出るは、セーターやジャケットにも染み込みます。
そこで雑菌が繁殖すれば、わきがの臭いがついてしまいます。

汗をかかなくなるから、臭いが濃くなる?

夏場は、誰でもたくさんの汗をかきます。
汗の量が多くなるため、汗の中に含まれる老廃物や栄養分の濃度は薄くなります。

ところが、冬になると、1日にかく汗の量は減りますよね。
そうなると、汗の中の栄養分や老廃物の濃度が濃くなるのです。

そうなると、わきがの原因となる雑菌にとっては、最高の環境になってしまいます。
そのため、冬はわきがが臭いやすくなります。

冬のわきが対策のポイントは?

こまめに脇汗を拭く

基本的なことですが、こまめに脇汗を拭くことはとても大切です。
わきがの原因となる雑菌が繁殖する前に、汗を拭き取ってしまうことは、わきが対策の第一歩。

また、これによって、上着やセーターに、脇汗が染み込む量を少しでも抑えることができますね。
特に、外から建物内に入った直後に、デオドラントシートなどで脇汗をふき取ると、効果的ですよ。

通気性の良い服、重ね着で温度調節しやすい服を着る

通気性の良い服を着ることも大切。
脇の下が蒸れてしまうのは、雑菌の繁殖を促してしまいます。
少しでも汗が蒸発しやすい環境を作ることは重要です。

また、重ね着をして体温調節しやすいようにするのもおすすめ。
寒い外から、暖かい室内に入った時が、冬のわきがが臭うタイミングです。
そのため、この時に汗をかきにくくするために、暑くなったらトップスの枚数を調整することで、簡単に汗をかく量を減らすことができます。

肌の保湿をする

わきがの臭いを防ぐには、肌を乾燥させないことがとても大切。

わきがの原因はアポクリン汗腺から出る汗なのですが、この汗に、皮膚が分泌する「皮脂」が混ざることで、わきがの臭いは、さらに酷くなってしまうのです。

実は、この「皮脂」は、肌が乾燥すると大量に分泌されます。
そのため、肌をしっかりと保湿して、皮脂の分泌を抑えることは、わきが対策のポイントなんです。

保湿は、保湿成分の入ったわきがクリームを使うのが一番効率的。
その他にも、お風呂上りに、しっかりとローションを塗るなど工夫ができますね。

お風呂でしっかりと温まって、たくさんの汗をかく

夏場に比べて、冬は1日にかく汗の量が減ります。
そのため、汗に含まれる栄養分の濃度が高くなり、わきがの原因となる雑菌の繁殖を助けてしまうことに。

そこで、お風呂にゆっくり入って、大量の汗をかいておきましょう。
1日一回でも汗を大量にかくことで、わきがの臭いを軽くするわけです。

フッターバナー_おすすめ02フッターバナー_制汗剤02
フッターバナー_わきがクリームの選び方02フッターバナー_石鹸の選び方02 フッターバナー_おすすめ03フッターバナー_わきがのチェック01フッターバナー_価格による違い01フッターバナー_基礎知識01

TOPページへ

サブコンテンツ

このページの先頭へ