ワキガさんにも、手作り脇汗パットが必要だ!という話

こんにちは、毎日ワキガの臭いと戦っている管理人のaikoです。
今日はワキガの皆さんを代表して私が、手作りの脇汗パットの作り方をご紹介します。

そして、その手作りの脇汗パットが、はたしてワキガさんにも有効か?どうかを調べてみました。
手づくり脇汗パットに以前から興味があったという方も、初めて知ったという方にも、とても有益な情報だと思いますので、お楽しみに!

ワキガさんが手作り脇汗パットを使う時の、メリットとデメリットについて

手作り脇汗パットのメリットから

まず通常ワキガさんはワキガだ!というだけで体臭がない人よりも、ずっとお金がかかります。
例えば、制汗剤、脇汗パットの購入など。

色々試されるので、商品を色々と買いそろえているとかなりの出費になりますよね。
そういった費用面でみても、この手作り脇汗パットはワキガさんにとって負担の少ないケア方法だと言えるでしょう。

ガーゼやリネンなど柔らかい布を使うのでかなりエコだしに作れるのは良い事ですよね。
この際なので、ぜひ2枚組1セットだけでなく、布があれば3~4セットは、取り換え用として用意しておければよいと思いますよ。
毎日こまめに洗濯すれば、清潔に長く使える脇汗パットを作成することができます。

手作り脇汗パットのデメリットとは

まず、材料の布のチョイスを間違えると、全然汗やニオイを吸わない脇汗パットになったりします。
作成に失敗してしまうこともありえますので、素材選びについては十分にお気をつけ下さい。


出典:楽天市場

あと、手作りなので手間と暇を要します。
作っている時間がないという方は、手作りされた脇汗パットを購入してみるのをオススメします。

では、さっそく脇汗パットを手作りしてみましょう

手作り脇汗パットの材料


ガーゼやリネンなどの布
使い込んだタオル地の布
水分を通しにくい布
脇汗パットの型紙
ミシン、もしくは裁縫道具を用意してください。

脇汗パットは毎日使う物ですよね。
個人的にお勧めできる素材としては、できるだけ肌に優しく、目で見て気持ちが優しくなれるものが良いと思いますよ。

手作り脇汗パットの作り方

まずはじめに、一枚目として肌にあたる部分にガーゼや消臭繊維でできた布地を用意します。その後、二枚目に使い込んだタオルを挟み、三枚目として服に汗がつきにくい素材を合わせます。
三枚合わせにした生地に、脇汗パットの型が身になるものを当てて、布地を裁断しミシンなどで縫い合わせます。

脇汗パットの大きさの基準として、市販の脇汗パットを布の上に置いて型どりをしても良いでしょう。
もし、脇汗がパットからはみ出るようであれば、市販品よりも大きくかたどってみても良いかもしれません。

手作りの脇汗パットの用意が出来たら、洋服とくっつける面に両面テープをはりつけたり、ご自身でリボンやボタンをつけたり、
もしくは、ブラのホックで止めるような仕掛けを作ってみても良いと思います。

ご自身で色々と工夫をしてみてくださいね(^^♪

ワキガの臭いを、パットの外に漏らさないための工夫

最近では、消臭力抜群のタオル、その名も超急速分解消臭ワークタオルや、ブリーズブロンズというタオルも存在します。
また、ワキガだけでなく、かなり強力な体臭などにも対応できる介護用タオルがあるようです。
これを脇汗パットの素材として用いると、ワキガ臭を上手く吸着してくれる物が出来上がると思います。


出典:楽天市場

ワキガだから、脇汗パットなんて使ったって臭いが漏れるよ!とか、そういう時代は終わったってことですね。
ワキガだからこそ、消臭効果のある素材を使った脇汗パットを使うようにすると良い時代のようです。

ワキガさんも脇汗パットの威力を最大限活用しましょう!


ワキガさんが脇汗パットを使う最大のメリットは、脇汗のシミや黄ばみを洋服から守ること。
そして、ワキガ臭を外部に漏らさないで、汗と共に臭いを脇汗パットに吸着させることです。

今回のわきがさんへ送る、手作り脇汗パットのオススメ記事はいかがだったでしょうか?
興味を持たれたら、ぜひ作ったり買ったりして、貴方も消臭力のある手作り脇汗パットをお試しくださいね。

それでは、少しでもワキガを忘れて楽しい日々が過ごせますように~(‘ω’)ノ 

フッターバナー_おすすめ02フッターバナー_制汗剤02
フッターバナー_わきがクリームの選び方02フッターバナー_石鹸の選び方02 フッターバナー_おすすめ03フッターバナー_わきがのチェック01フッターバナー_価格による違い01フッターバナー_基礎知識01

TOPページへ

サブコンテンツ

このページの先頭へ