わきが・脇の臭いを予防する体の洗い方は「優しく」が基本

A Woman take a shower and clean her back with puffわきがの予防、汗の臭いを抑えるための体の洗い方は、とにかくしっかりと念入りに洗うイメージを持っていませんか?

確かに、体の洗い方を工夫することで、わきが対策・脇の臭い予防ができます。
しかし、それは、体をゴシゴシ洗うことではありません。

むしろ臭い対策にとって大切なのは、体をやさしく洗うことなのです。

体の洗い方を間違えていると、わきがの臭いや、脇の汗臭さを助長している危険性があります。
この記事では、わきが対策・脇の臭い対策のために、体をやさしく洗わなければならない理由と、具体的にどのように体を洗えばよいのかについて、書いていきたいと思います。

汗をかくと脇の下が臭う理由

どんな人でも、皮膚の上には「常在菌」という細菌が住んでいます。
この常在菌が、汗に含まれる栄養分や皮脂を分解することで、汗臭いニオイやわきがのニオイが出ます。

ところで、全ての常在菌が、こういった嫌な臭いを出すわけではありません。
常在菌の中にも、不快なニオイを出すものと出さないものがいるのです。

常在菌の代表的なものには、「表皮ブドウ球菌」「黄色ブドウ球菌」「真菌」があります。
健康な皮膚の上では「表皮ブドウ球菌」が力を持っていて、皮脂や汗の中の栄養分を分解して肌を弱酸性に保ち、不快なニオイは出しません。
私たちにとっては、いわば良い常在菌です。

一方で、「黄色ブドウ球菌」や「真菌」はアルカリ性の環境を好み、同じく皮脂や汗の中の栄養分を分解して、不快なニオイを発します。
私たちにとっては、悪い常在菌ですね。

汗の臭いを気にする女性つまり、皮膚の上にいる常在菌のうち、「表皮ブドウ球菌」が優勢になっていれば汗臭さは軽減され、「黄色ブドウ球菌」「真菌」などが優勢になっていると汗臭いニオイやわきがの臭いがしやすくなるわけです。

そして、この「表皮ブドウ球菌」「黄色ブドウ球菌」「真菌」という3つの常在菌の存在が、わきが対策・脇の臭い対策のために、体をやさしく洗わなければならない理由になります。これについては、次に書いていきますね。

体をゴシゴシ洗うと、汗臭いニオイの原因が生まれる

体の臭いを落としたいと思えば、ついつい体をゴシゴシと洗ってしまいがち。
でも、体を強い力で洗うことは、かえって汗の臭いやわきがの臭いを強くする原因になってしまうのです。

その理由は、「表皮ブドウ球菌の消滅」と「皮脂の分泌」にあります。

不快なニオイをだす常在菌が増える?

強い力で肌をこすって、皮膚表面の常在菌を落とし過ぎてしまうと、嫌なにおいを出さない「表皮ブドウ球菌」が消滅します。もちろん、他の常在菌も消滅はしますが、問題はここからなんです。

Clean the arm with Blue plastic bath puff.まず、皮脂や汗が皮膚の上からなくなることで、エサがなくなった表皮ブドウ球菌は勢力が弱くなってしまいます。
これに対して、不快なニオイを出す「黄色ブドウ球菌」や「真菌」は、体の表面に残ったアルカリ性の石鹸の洗い残しなどを餌にして、どんどん増えていくことが出来るんです。

そのため、皮脂や汗の栄養素を食べて増える常在菌の中でも、不快なニオイを出す「黄色ブドウ球菌」「真菌」の勢力が強くなってしまい、わきがの臭いや、脇の汗臭いニオイが強くなってしまうのです。

洗い過ぎると皮脂がたくさん分泌される?

また、体を洗い過ぎることで皮脂がたくさん分泌されます。

顔のTゾーンや小鼻の横につく脂も皮脂です。
皮脂は、体中から分泌されて、肌に潤いを与えるものなので、とても大切。

ところが一方で、皮脂は皮膚の常在菌のエサとなって、汗臭いニオイの原因になったり、わきがの臭いを強めたりしてしまいます。

異臭に辟易する女性この皮脂は、皮膚が乾燥したり、傷つけられたりすると、肌を守るために大量に分泌されると言う特徴があります。

体を強い刺激でゴシゴシ洗うと、皮膚表面が傷つくこともあり、また皮脂を落とし過ぎてしまうことで皮膚が乾燥します。
そのため、お風呂から出た後に皮膚表面が乾くと、皮膚を守るために皮脂が大量に分泌され、かえって臭いの元を作ってしまうことになるのです。

汗の臭い・わきが対策のための体の洗い方は?

汗の臭いのケアや、わきが対策をするなら、体の洗い方は「優しく洗う」「しっかり流す」が基本です。

体を泡で洗う

表面の硬いナイロンタオルは極力使わないようにしましょう。
タオルを使うなら、なるべく柔らかいもの。木綿などの天然素材もおすすめです。

Foam of soap isolated on white臭いをケアしたい部分、特に腋の下に関しては、石鹸をしっかりと泡立てて、脇の下に塗って数分置いてからシャワーで流すのがベター。
強く擦って刺激を与えたら、臭いの元になる皮脂が大量に分泌されてしまいます。

皮脂は、わきがの臭いを強めるものなので、脇の下には刺激を与えず優しく洗ってください。

石鹸成分を残さないように、しっかりと流す

皮膚の常在菌の中でも、不快なニオイを発する「黄色ブドウ球菌」や「真菌」は、石鹸成分をエサにして繁殖することが出来ます。

close up on head shower while running waterそのため、体を洗った後にしっかりとお湯で体を流しておかないと、皮膚上に残った石鹸成分を餌にして、わきがの臭いや脇の臭いの原因となる黄色ブドウ球菌と真菌がどんどん増えてしまいます。

これらの菌を繁殖させないためにも、皮膚に残った石鹸は完璧に流し切ってくださいね。

汗の臭い・わきが対策のための石鹸やボディソープの選び方

ここまで書いた洗い方で効果を高めていくためには、石鹸やボディソープの選び方も大切。
重要なのは、臭いを悪化させる原因となる「皮脂の分泌」を防ぐことです。

そのためには、

  • 保湿効果が高い
  • 洗浄力が強すぎない

ものを選びましょう。

以下の記事では、オススメのボディソープや石鹸を紹介しています。
良かったら参考にしてください。

フッターバナー_おすすめ02フッターバナー_制汗剤02
フッターバナー_わきがクリームの選び方02フッターバナー_石鹸の選び方02 フッターバナー_おすすめ03フッターバナー_わきがのチェック01フッターバナー_価格による違い01フッターバナー_基礎知識01

TOPページへ

サブコンテンツ

このページの先頭へ