ミョウバン風呂でわきが対策!ちょっと肌が突っ張る?

わきが対策でミョウバンが使われることがあるって知ってますか?
風呂にミョウバンを入れて、消臭効果があるって知ってますか?

私は、五味常明先生の本を読んで初めて知りました。

本を読んでいると、制汗剤を買わなくても、ミョウバンを使えばとても安価にわきが対策が出来るようです。
そこで、実際に自分でもミョウバンの原液を作って、お風呂に入れてみました

ミョウバンをお風呂に入れる方法

ミョウバンの購入は、スーパーの食品売り場で

消臭成分として古くから使われているミョウバンは、ニオイ対策のスプレーや石鹸にも使われる成分です。
料理のあく抜きなどでも使用されていて、食品売り場に行くと「焼きミョウバン」というのが売っていますので、それを買いました。
ミョウバン風呂02

ちなみに、私の家の近所では、ドラッグストアにミョウバンは置いてなかったです。

ミョウバン水の原液の作り方

五味常明先生の本によると、水1.5Lにミョウバン50gを加えると書いてあります。

でも、そんなにミョウバン水を作っても保管する場所が無いので、今回は、その1/10の量で作ってみました。

まず、ミョウバン5gを測り取ります。
ミョウバン風呂03 ミョウバン風呂04

次に、お湯を150㏄用意します。
(水だとミョウバンが中々溶けないので・・・これについては、下の方で写真があるので見て下さい。)
ミョウバン風呂05

混ぜるとこんな感じです。
一旦、白く濁りますが、しばらくすると透明になりますよ。
ミョウバン風呂06 ミョウバン風呂07

ちなみに、水を使用してしまうと、ミョウバンがこんな風に浮いてしまって、中々溶けてくれません
ミョウバン風呂11

ミョウバン原液は、入れ過ぎに注意して!

この方法で作ったミョウバン原液を、30~50CCだけ入れます。
ミョウバン風呂08 ミョウバン風呂10

最初は、30CCくらいから始めた方が良いかもしれません。

後で書きますが、人によっては、肌にヒリヒリ感や痒みを感じるかもしれません
ミョウバンは、効果が強いので、注意して下さいね。

ミョウバン風呂の効果は・・・刺激が強いので注意が必要

ミョウバン風呂に入ったら、肌が突っ張りました

実際に、ミョウバン風呂に入ってみました。

数分つかると、肌が「コキコキ」ってしてきて、石鹸で体を洗った後のようになります。
体を洗っていないのに、肌の脂が取れていく感じですね。

しばらくお風呂に浸かっていると、ちょっと肌が突っ張る感じがしたので、一旦バスタブから出て体を洗いました。

WS000012すると、ちょっと肌にヒリヒリ感が残るんです。
う~ん、、これは嫌だな・・・と思って、その後はバスタブにはつからないでお風呂を出ました。

バスタオルで体を拭いても、どうにも、肌が突っ張る感じが残ります。
それと、暫くすると痒みも出てきました。

それで、全身に化粧水を多めにつけたところ、少し良くなったのですが・・・あまり肌の状態は良くありませんでした。

娘は体が痒くなり、夫は肌が痛い?

もちろん、娘も夫もミョウバン風呂には入りました。

娘は体が痒いって言ってましたね。
夫も肌が痛いって言っていました。

そして・・・二人ともめずらしく、体全体に化粧水を付けることになりました。

わきが対策はミョウバン風呂である程度出来ている?

さて、翌日になって、脇の臭いがどの程度変わったのかというと・・・
わきがの臭いが少し軽減されている
という実感があります。

Fotolia_44616157_XSミョウバン風呂に入ったのが金曜日で、翌日は仕事が無かったため、わきがクリームをつけないで寝ました。

いつもなら、わきがクリームを付けていないと、朝起きた時に、すでに脇から強いニオイが出てしまう所。

ところが、この日は、臭いが薄かったです。
さすがに、わきがクリームをつけないでも大丈夫ということは無いのですが、それでもいつもよりはわきがの臭いが軽減されていました。

ミョウバン風呂はわきが対策の補助は出来るけど、使い方に注意して!

ミョウバン風呂03ミョウバン風呂は、ある程度、わきが対策に有効だと思います。
ただし、ミョウバン風呂だけでは脇の臭いは消えないので、あくまでも補助的な役割だと思ってください。

また、人によっては、私のように肌が突っ張ったり、ヒリヒリしたり、痒くなったりすることがあるかもしれません
なるべく薄目のところから慣らしていって、肌にトラブルが出ないように注意をする必要はありそうですね。

フッターバナー_おすすめ02フッターバナー_制汗剤02
フッターバナー_わきがクリームの選び方02フッターバナー_石鹸の選び方02 フッターバナー_おすすめ03フッターバナー_わきがのチェック01フッターバナー_価格による違い01フッターバナー_基礎知識01

TOPページへ

サブコンテンツ

このページの先頭へ