すそわきがに良い石鹸を選ぶときの3つのポイント

すそわきがにお悩みではありませんか。
この記事では、すそわきがに良いせっけんの選び方の3つのポイントと洗いかたについてお話しします。
良いせっけんを選んでも、洗い方がよくないと効果は半減。
ぜひ良いせっけんと正しい洗い方で、すそわきがの臭い対策をしてくださいね。

すそわきがに良いせっけんを選ぶときの3つのポイント

デリケートゾーン用のせっけんを選ぶときに、大事なポイントが3つあります。

肌との相性

当たり前ですが、皮膚なので合う合わないがあるということを頭にいれておきましょう。

消臭効果がとっても高くても、肌に合わなければ、刺激が強すぎてかゆみが出たり、湿疹がでたりして、肌が荒れて余計に臭いのもとになります。

保湿効果が高い

洗浄力が強いせっけんを使うと、肌がかさかさになってしまうことがあります。
すると、皮膚は乾燥を防ごうと皮脂が出すようになり、臭いが強くなってしまう傾向が。

そのため、強い洗浄力も必要ですが、高い保湿力も持ったせっけんを選ぶことが大切です。

泡立ちがよい

次の洗い方のところでも、あらためてお話ししますが、臭いを落とそうとごしごし洗いをすると肌を傷つけ臭いの原因になります。

そのため、泡で洗ってくれるような、泡立ちのいいせっけんを選ぶようにしましょう。

ごしごし洗いは厳禁!デリケートゾーンの洗い方

すそわきがの臭いがひどいからといって、力まかせに、ごしごし洗うのはやめましょう。
デリケートゾーンの皮膚は、文字通りとってもデリケート。

肌荒れを起こしたり、皮膚を傷つけることによって皮脂が出てしまったり臭いの原因になります。
また、膣の中を洗う事もタブー。

もともと膣内を清潔に保とうとする善玉菌が住んでいるので、それを流してしまう事になり、臭いが強くなってしまいます。

自分のすそわきがは、パートナーの悩みです

意外と多いのが、男性が女性側のすそわきがに悩んでいるケースです。
やさしい男性はパートナーに言い出しにくいこともあって、がまんしている場合もあります。

もし自分のすそわきがの臭いに気づいたら、行為のあとシャワーをあびるときに「いい匂いだし、臭いを消す効果も高いせっけんだから使ってみて」などと言って 渡してみてはいかがでしょう。

がまんはする方もさせる方も、気持ちが重くなるもの。
スキンシップライフを楽しくするためにも、専用ソープを使ってもらうといいですね。

すそわきがに良いせっけん選びのポイントは、肌との相性・保湿・泡立ち

女性のすそわきがは、生理やおりものなどが含まれるため、臭いが強いです。
そして、デリケートゾーンと言われるように、とってもデリケートな場所です。

そのため、自分に合った品質の良い専用のせっけんを使って洗うようにしましょう。

洗い方も重要なポイント。
ごしごし洗わず、泡で包むように丁寧に洗ってください。

フッターバナー_おすすめ02フッターバナー_制汗剤02
フッターバナー_わきがクリームの選び方02フッターバナー_石鹸の選び方02 フッターバナー_おすすめ03フッターバナー_わきがのチェック01フッターバナー_価格による違い01フッターバナー_基礎知識01

TOPページへ

サブコンテンツ

このページの先頭へ