すそわきがの手術・治療にかかる費用を比較しました

すそわきがの治療をしたいけど、どれがいいのかわからない。
手術は高そうだし、傷跡も怖い。

切らない治療やボトックスは、どれくらいもつの?
などなど、疑問に思う事をまとめてみました。

これからすそわきがの治療をする上での参考にしてみてくださいね。

すそわきがの対策にかかる費用や効果を比較

持続期間 傷跡リスク 価格
皮下組織削除法 長期 約30万円
超音波吸引(治療)法 長期 10~20万円
ビューホット 中期 約30万円
電気凝固法 中期 10~30万円
ボトックス 短期 10~15万円
制汗剤 短期 約3000円~
ボディソープ 短期 約1500円~

皮下組織削除法と超音波吸引法は、アポクリン汗腺を根本的に取り除くため、効果の持続期間は長期になる一方、傷跡のリスクがあったり、価格が高かったりと一歩踏み出すには少し勇気が必要な方法です。

一方で、ビューホットや電気凝固法・ボトックスなどの治療法は、効果の持続期間が短くなりますが、傷跡リスクが少ないというメリットがあります。

ただ、上記の手術法に比べて、価格が決して安いというわけではなく、お金に余裕がないとなかなか難しいですね。

それに比べて、やはり制汗剤・ボディソープは価格が安いのがうれしいところ。
毎日のケアが必要ですけど、傷跡のリスクは全くないですから、有効に活用したいところですね。

効果の持続期間と価格の判断は、お財布の事情に合わせて

制汗剤を毎月1本使ったとしても、年間で約3万円ですので、手術をするよりはずっと安くケアができます。

お金に余裕があるのであれば、治療や手術の方法をとることがベターではあります。

しかし、手術はデリケートゾーンに傷跡が出来てしまうリスクも。

また手術にしても治療にしても再発のリスクもありますので、費用対効果をしっかり考えて、治療法を選びたいですね。

フッターバナー_おすすめ02フッターバナー_制汗剤02
フッターバナー_わきがクリームの選び方02フッターバナー_石鹸の選び方02 フッターバナー_おすすめ03フッターバナー_わきがのチェック01フッターバナー_価格による違い01フッターバナー_基礎知識01

TOPページへ

サブコンテンツ

このページの先頭へ