8×4 ワキ汗EXの3タイプを全部試してみました!

WS000008

制汗デオドラントスプレーで有名な8×4から、今年、新しいタイプの制汗剤が出たので試してみました。
ワキ汗EXという商品で、今までの8×4に比べて、制汗力がとても強くなっています

ワキ汗EXは3タイプの製品があって、どれを選んだら良いか最初は迷ってしまうかもしれませんね。
そこで、3タイプを全て試してみたので、良かったら参考にしてみて下さい。

8×4 ワキ汗EXは3つのタイプ

まず、8×4の制汗デオドラント剤には、いくつかの種類がありますので、ちょっと整理しますね。
エイトフォー 全シリーズ

  • 8×4 パウダースプレー(写真左)
    もっとも一般的な制汗スプレー。
  • 8×4 ロールオン(左から2番目)
    スプレーより消臭・制汗力が強い。
  • 8×4 ロールオンスムースセンセーション(左から3番目)
    ロールオンより、制汗力が強い。
  • 8×4 ワキ汗EX(写真右の3つ)
    8×4の中では最もハイスペック。

ワキ汗EXは、今までの8×4と比べて、制汗力が全く違います。
皮膚に直接塗って、汗腺をふさいでしまうタイプなので、汗の出口に完全にフタをするイメージですね。

ですから、私のように脇汗の多いタイプの人にはとても有難い商品。
それぞれに特徴があるので、簡単に触れていきたいと思います。

ワキ汗EX クリームカプセル

WS000008電車の窓に貼ってあるシール広告で良く見るタイプが、8×4 ワキ汗EXのクリームカプセル。
3つのタイプの中で、最も制汗力が強いです。

箱の中に、とても薄い6つのカプセルが入っていて、それぞれが両脇合わせて1回分のクリーム。

ですから、全部で6回分入っていることになります。
WS000009 WS000010

アマゾンでは6回分で529円で売っていますから、1回分が90円くらい。
これを全部で30日使うと2,700円となってしまい、あとで説明するロールオンやスティックと比べて、かなり割高です。

また、ワキ汗EX クリームカプセルの最大の欠点は、扱い辛いという点です。毎回カプセルのフタを開けて、指でクリームをつぶし、それを脇の下に塗ります。
WS000011 WS000012

クリームはちょっと硬めで、私は指の腹で少し温めてから脇の下に伸ばしていきました。
WS000013 WS000014

塗るとサラサラのパウダーを付けた後のようになります。ちょっとだけ白残りします。
この白残りは、本当に注意しないとならなくて・・・白い部分が残ったままシャツを着たり、クリームの付いた手で衣服を触ると、白いクリームが衣類から取れなくなります。
WS000015 WS000016

8×4 ワキ汗EXの制汗力は半日は持ちます。朝つけてお昼すぎまで・・・脇汗をあまりかかない日なら、夕方まで持ちます。

ただ、一度でも汗をかいてしまうと、そこからの消臭力は、ちょっと心もとない感じがします。
私の場合は、脇汗をかくと、すぐに脇の臭いが気になってしまいました。

ワキ汗EX ロールオン

WS000011使った感じでは、ロールオンは3つの中で最も扱いやすい反面、最も効果が弱かったですね。
(もちろん従来の8×4と比べると、制汗力も消臭力も良くなっています。)

また、白残りすることも無く、ロールも大きめで塗りやすかったです。

ただ、ワキ汗EXのクリームカプセルやスティックと比べると、制汗力は低いですね。
朝7時くらいに塗って、10時くらいには脇汗をかいていました。

汗をかくと、消臭力が落ちてしまうのか、お昼くらいには脇の臭いが気になってきました。
WS000012 WS000008

ワキ汗EX スティック

WS0000108×4 ワキ汗EXの中でも、最もバランスが取れているのが、このスティックタイプ

制汗力もありますし、ただキャップを外して塗るだけなので、扱いやすさという点でも優れています。

ワキ汗EX スティックの欠点は、3つの中で最も白残りしやすいということ。
脇の下に塗るとどうしても白いスジが残ってしまいます。

個人的には、ノースリーブは着たくない!というレベルでした。
WS000009 WS000008

でも、しっかり塗れば制汗力はとても良く、私でも半日くらい持ちました。

その代り、しっかり塗った後は、お風呂で脇の下を洗い流すのが大変。
脇の下にクリームがビッタリと張り付いたようになってしまって、しばらく石鹸の泡でなでつづけて、ようやく取れました。

8×4 ワキ汗EXの3つのタイプを比較

★ ワキ汗EX カプセルタイプ ★

WS000009■消臭力   ★★★★☆
■制汗力   ★★★★☆
■サラサラ感 ★★★★☆
■白残り   ★★☆☆☆
■使いやすさ ★☆☆☆☆

■単品購入 529円(6回分) ※2015年4月のアマゾンの価格

★ ワキ汗EX ロールオン ★

WS000009■消臭力   ★★☆☆☆
■制汗力   ★★★☆☆
■サラサラ感 ★★★☆☆
■白残り   ★★★★☆
■使いやすさ ★★★★☆

■単品購入 702円 ※2015年4月のアマゾンの価格

★ ワキ汗EX スティック ★

WS000010■消臭力   ★★★☆☆
■制汗力   ★★★☆☆
■サラサラ感 ★★★★☆
■白残り   ★☆☆☆☆
■使いやすさ ★★★☆☆

■単品購入 734円 ※2015年4月のアマゾンの価格

フッターバナー_おすすめ02フッターバナー_制汗剤02
フッターバナー_わきがクリームの選び方02フッターバナー_石鹸の選び方02 フッターバナー_おすすめ03フッターバナー_わきがのチェック01フッターバナー_価格による違い01フッターバナー_基礎知識01

TOPページへ

サブコンテンツ

このページの先頭へ