皮下組織削除法は、執刀医によって効果やリスクが大きく異なる

傷をできるだけ残さないでワキガを治したい。
きちんとワキガを治したい。
皮下組織削除法ってどんな手術なの?

こんなことを思ったことはありませんか?
ここでは、皮下組織削除法の中でも特に有名な「イナバ式皮下組織削除法」について紹介します。

イナバ式皮下組織削除法ってどんな手術なの?

イナバ式皮下組織削除法は他の治療法と比べてどう違うのか気になりますよね。
どのような手順で治療されるのかわかると安心ですよね。

イナバ式皮下組織削除法の特徴

イナバ式皮下組織削除法のメリット

イナバ式皮下組織削除法のメリットは大きく分けて2つあります。

1つ目は、他のワキガ手術と比べて皮膚を切開する範囲がとても小さいこと。
これにより、術後の傷跡はほとんど目立ちません。

2つ目は、腕の良い医師であれば、ワキガの原因となるアポクリン汗腺と皮脂腺、エクリン腺を完全に取り除くことができること。
これにより確実にワキガを治すことができ、再発の心配もなくなります。

イナバ式皮下組織削除法のデメリット

イナバ式皮下組織削除法のデメリットは3つです。
1つ目は、腕の悪い医師の場合、メリットとは逆に再発する可能性があること。
良くも悪くも医師の腕次第で治療の効果が決まります。

2つ目は、汗腺のある皮下組織を限界まで多く取り除くと、皮膚が薄くなってしまうこと。
これにより、術後に皮膚が赤茶色く変色する可能性があります。

3つ目は、術後に腕を固定すること。
術後は日常生活に多少の支障をきたします。
腕を自由に動かせるようになるには7~10日ほどかかるようです。

イナバ式皮下組織削除法の手順

麻酔

まずわき毛を剃って、局所麻酔を施します。
これにより、手術中の痛みはほとんどありません。

切開

わきの下を1~5センチほど切開します。

皮下組織の削除

切開した部分から削除器を入れ、汗腺や毛根を含む皮下組織を削ります。
削除器は上下にローラーとカミソリの刃がついたものです。
これで皮膚と皮下組織を挟み込み、カミソリ部分で皮下組織のみを削り取っていきます。

排液孔を作る

皮下組織を削った後、皮膚とその下の脂肪層の間に空白ができてしまいます。
放っておくとその空白に血がたまってしまうので、血を抜くための排液孔という穴を作ります。

切開部の縫合

切開した部分を縫合します。

圧迫

ダブル・タイ・オーバー法という方法で圧迫するのが一般的です。
この方法ではわき全体ではなく、手術部分のみをガーゼなどで圧迫します。
ですから術後、わき全体を圧迫するよりも比較的自由に腕を動かすことができます。

イナバ式皮下組織削除法の手術はどれくらい時間がかかるの?

イナバ式皮下組織削除法の手術には40分から2時間ほど。
皮膚に傷をつけず皮下組織のみを削り取るには、慎重な作業が要求されます。

イナバ式皮下組織削除法では手術のあと今までどおりに生活できるの?

手術の後にすぐ今までどおりに生活できるかは知りたいですよね。
残念ながらほかの多くのワキガ手術同様、すぐに今まで通り生活できるようにはなりません。

また、病院によっては術後に入院が必要なケースがあります。
入院は必要なくても、術後ケアのために数回の通院は必要です。
ですから、遠方から来た方に近くのホテルで1~2週間ほど滞在することを提案するクリニックもあります。

日常生活ができるまでにどれくらいかかるの?

まず、手術直後は腕の動きが制限されます。
ひじから先が動かせる程度ですので、安静にしていましょう。

また手術直後に麻酔が切れると多少痛みます。
痛みどめをもらうことができるので、ぐっすりと眠ることができます。
痛みは翌日にはなくなるそうです。

そして仕事や入浴ができ、普段と変わらない生活ができるようになるためには手術から約2週間かかります。

術後のケアはしっかりとしましょう!

ただし、2週間後に完全に治っているわけではありません。

そこからはワキの皮膚を柔らかくするために軟膏を塗ったり運動をしたりする必要があります。
皮膚が固くなると、せっかくワキガが治ってもワキにしわが残ってしまいます。
術後のケアはしっかりとしましょう。

イナバ式皮下組織削除法の費用はどれくらい?

イナバ式皮下組織削除法の費用はおおよそ30万円前後です。
保険のかからない治療法ですので、全額自己負担の自由診療となります。

そのため、クリニックにより値段が異なります。
HPなどでよく比較してから治療を受けましょう。

脇の傷跡を残したくない人や時間に余裕のある人にオススメ!

イナバ式皮下組織削除法は以下のような人にオススメです。

まず、できるだけ、脇に傷跡を残さずにワキガを治したい人。
イナバ式皮下組織削除法では切開部分が非常に小さいので、傷がほとんど残りません。

一方で、2週間程度は、仕事や学校を休む必要があります
いつも通りに生活できるまでにも2週間ほど時間がかかります。

そのため、時間にゆとりのある人にオススメのわきが手術になります。

しかし確実にワキガを治すことができ、効果が半永久的に続くという点が、大きなメリットになります。

フッターバナー_おすすめ02フッターバナー_制汗剤02
フッターバナー_わきがクリームの選び方02フッターバナー_石鹸の選び方02 フッターバナー_おすすめ03フッターバナー_わきがのチェック01フッターバナー_価格による違い01フッターバナー_基礎知識01

TOPページへ

サブコンテンツ

このページの先頭へ