わきが手術の失敗例と、防止のための4つのポイント

わきが手術って失敗するとどうなるの?
わきが手術を失敗しないためには何に気をつければいいの?

こんな疑問を感じたことはありませんか?

ここではわきが手術の失敗例と、失敗を防ぐために何をしたらいいのかを紹介します。

わきが手術の失敗例には、どんなものがあるの?

まず最初に、わきが手術の失敗例を紹介します。
わきが手術が成功するか失敗するかは、医師の腕に左右されると言えるでしょう。

傷痕やでこぼこが残る

手術ではわきにメスを入れて切開します。
そして手術後に、縫合をして皮膚を閉じます。
手術後の処理が雑だと、わきに傷が残ってしまうのです。

また、においの原因となるアポクリン汗腺を取り除く際に、取り除く量が均等でないと皮膚がでこぼこになってしまいます。

においが再発する

医師の腕が不足していると、アポクリン汗腺を取り残してしまう可能性があります。
アポクリン汗腺を取り残してしまうと、手術後にわきがのにおいが再発します。

血腫ができる

アポクリン汗腺を除去した部分には血液がたまります。
術中や術後に医師がケアをしっかりとしないとたまった血液が血腫になってしまいます。

成功しているのに、失敗したと「思い込んでしまう」例もあります!

実は、手術は成功しているのに、患者側が「手術は失敗だった」と勘違いしているケースもあります。
手術が失敗したと勘違いする原因は2つあります。

手術内容の説明を受けていない

まず第一に、手術内容の説明をしっかりと受けていないからです。
わきが手術の中には、アポクリン汗腺を一部残してしまうものもあります。

アポクリン汗腺が残っているのですから、においも多少残るのは当然です。
患者が自分が受けた手術の内容を知らないと、「まだわきが臭がする!手術は失敗したんだ!」という勘違いをしてしまいます。

ですから、医師から事前に手術内容をしっかりと聞きましょう。
本当に自分が受ける手術でわきがが完全に治るのかをきちんと聞くことが大切です。

エクリン汗腺のにおいをわきがのにおいと勘違いする

そして第二に、エクリン汗腺のにおいをわきがのにおいと勘違いしてしまうからです。

手術によっては、わきがのにおいの原因となるアポクリン汗腺のみを取り除き、皮脂腺やエクリン汗腺を残す場合があります。

この場合、アポクリン汗腺が取り除かれているのでわきがは完全に治っています。
ですが、残ったエクリン汗腺や皮脂腺から発せられるにおいをわきがのにおいと勘違いしてしまう方もいます。
この勘違いから、「自分はまだわきがが治っていない」と思い込んでしまうのです。

わきが手術に失敗しないための4つのポイント

ここまでは失敗例を挙げてきました。
では、こうした失敗をしないためにはどうすればいいのでしょう?

手術をする以上、病院や医師を選ぶことが最重要です。
医師の症例数や実績を聞き、「この人なら信頼できる」という医師に出会うまで手術をするべきではありません。

また、症例数や実績以外にも以下の4つのことを、必ず聞きましょう。
しっかりと患者の質問に答えてくれる医師が、信頼できる医師です。

自分が受ける手術で根治するのか?を聞く

根治とは、完全に治ることです。
わきが手術における根治とは、わきがの原因となるアポクリン汗腺を完全に取り除くこと。

ですから、医師に「自分が受ける手術で、アポクリン汗腺は全部取り除けますか?」と聞きましょう。

わきが手術後どの程度においが残るのか?を聞く

アポクリン汗腺だけでなく、エクリン腺や皮脂汗腺までも全て取り除く手術であれば、ほぼ無臭になるといってよいでしょう。

しかし、アポクリン汗腺だけを全て取り除いた場合やアポクリン汗腺が少し残ってしまう手術の場合はある程度においが残ってしまいます。

手術の後、わきが臭が全くなくなるのか、においが軽くなるだけなのかを確認しましょう。

術後にわきの皮膚の変化があるのか?を聞く

術後、わきにキズがどのくらい残るのかや色が変わるかどうかを聞きましょう。
また、術中や術後のいたみがどれくらいかも聞くとよいです。

手術ではわきを切開をしたり、わきの皮膚の下にある組織を取り除いたりします。
多少の傷や皮膚の変化は免れないでしょう。

その医師が実際に執刀した人の術後の皮膚の写真を見せてもらえれば、術後どのような状態になるのかがわかります。

もう一度手術ができるかどうか確認するか?を聞く

もし手術に納得がいかない場合、再手術できるのかを聞きましょう。
また再手術は無料かどうかや、再手術の保証をしてくれる期間がどれくらいかも大切です。

フッターバナー_おすすめ02フッターバナー_制汗剤02
フッターバナー_わきがクリームの選び方02フッターバナー_石鹸の選び方02 フッターバナー_おすすめ03フッターバナー_わきがのチェック01フッターバナー_価格による違い01フッターバナー_基礎知識01

TOPページへ

サブコンテンツ

このページの先頭へ