子供用のワキガクリーム・制汗剤の選び方

子供がワキガで悩んでいたり、もしくは本人が気づいていなくても親が気づいた時、まず試したいのが、制汗剤やワキガ専用クリームでデオドラント対策をすること。
最も手がかからず安価に出来るので、悩む前に、まず試してみましょう。

ただし、子供が使うとなると、ちょっと気をつけないとならないことも・・・
そこで、この記事では、子供が使うワキガ専用クリームや制汗剤の選び方について、書いていきたいと思います。

子供が使う制汗剤・ワキガクリームの選び方

子供にワキガクリームや制汗剤を購入しようと思ったら、気をつけたいポイントは3つあります。
それは、効果の持続時間、安全性、携帯性、無香性の3つです。

子供のスケジュールに合った持続時間は必須

子供が使うとなると、何よりもネックになるのが学校生活。

朝家を出てから帰宅するまでは相当な時間があるし、学校でクリームや制汗剤を塗りなおすことって、中々できません
休み時間に一人でトイレに行ってケアするのって・・・厳しいです。
部活の前に更衣室でケアするのも、みんながしていないとやりにくいです。
仮にみんながしていても、ワキガ専用クリームだと、みんなが使っている制汗剤とは違うわけで・・・「なにそれ?」とか聞かれたくないですしね。

また、学校にそういったものを持ち込むのが禁止のケースも多々あります。
親が生徒手帳に事情を書けばOKしてもらえるケースもあるでしょうが、それ、子供の立場からしたらすごく嫌だと思うんです。

だから、できれば、登校前にケアして、帰宅するまで済ませられるものを選びましょう。

市販の制汗剤の中には効果の高いものもあります。
でも、ほとんどの制汗剤は数時間おきにケアしないと効果が持続しないため、ワキガや体臭で悩んでいるケースには向かないのです。

子供に使っても安心!が大切。パッチテストをしているか確かめて。

やはり子供に使わせるものですから、安全性は重視したいですね。
特に、敏感肌の子供の場合、制汗剤の使いすぎで肌が荒れるケースもあるので要注意。
制汗剤には、様々な成分が含まれているので、金属アレルギーやアルコールアレルギーなどを起こしてしまうこともあるのです。

また、肌荒れや皮膚の乾燥は、皮脂の分泌をさかんにします。
この皮脂が問題で・・・雑菌が繁殖するためのエサになるため、実は、ワキガなどの臭いを悪化させてしまうのです。

なので、ワキガクリームや制汗剤を選ぶ時は、必ずパッチテストをしているものを使いましょう。
パッチテストによって、金属アレルギーやアルコールアレルギー、敏感肌や乾燥肌でも大丈夫か?がわかりますから、必ず公式サイトなどで調べてくださいね。

さらに、「子供でも使用できます」が明記されているかも大切。
安全性に自信のある商品であれば、この点は必ず書いてあるはずです。

子供が使う制汗剤・ワキガクリームには、携帯性が必須

子供が使う場合にケアしたいのが携帯性。
学校に持っていく場合だけでなく、合宿などがあれば、どうしても制汗剤やワキガクリームを持っていかざるを得ません。

ポーチなどに入る大きさだったり、それとわからない目立たないパッケージだったりすることはとても大切。

また、トイレに入ってケアする場合にはスプレーだと音がしますから、そういったものも避けたいところです。

無香性がおすすめ

市販の制汗デオドラント剤は、色々な香りのものがありますね。
また、海外性の制汗剤だと、香水並みの強い香りのものもあります。

ただ、ワキガの悩みを抱えているなら、こういった香りの強いものは避けたほうが良いです。
本人は香りで臭いを消していると思っても、実際には、ワキガの臭いとフレグランスの香りがまざって、かえって微妙な臭いを発してしまいます。

また、小・中学性だと、学校の先生から「香水つけてる?」なんて疑われるケースも。

いずれにしても、無香性のものがベストだと思います。

子供に使わせるワキガクリームでオススメなのは?

では、子供に使わせる制汗剤やワキガクリームでオススメのものは、具体的にどういったものでしょうか?
ここでは、いくつかの例を挙げながら説明していきたいと思います。

市販の制汗剤は、安価だけど持続時間が短い

エイトフォーやBan、デオドラントZなど、市販の制汗剤は安価で良いですね。
コンビニでもドラッグストアでも気軽に購入できます。

ただ、これらの商品にはデメリットがあります。

第一に、効果の持続時間が短いこと。
安価に製造しているせいかもしれませんんが、朝使ってもお昼前には効果が薄れてくるものがほとんど。
効果が数時間しか持続しないんです

第二に、子供の使用について明記されていないケースが多いこと。
パッチテストを行っているものもありますが、「子供でも安心して使えます」の表示がないことがほとんどなので、注意してください。

海外製品を中心とした強力な制汗剤は肌への刺激が心配

白人や黒人のワキガ比率は日本人と全くことなるくらい高いです。
そのため、欧米も制汗デオドラントの技術が発達していて、かなり強力なものが発売されています。

デトランスα(パースピレックス)、ラヴィリン、メンネンレディースピードスティックなどです。
これらの制汗力はかなり強いものもあるのですが、注意が必要。

肌に強力な膜を張って汗腺をふさいでしまうものだと、脇の下がツッパるほどになるため、かなり肌への刺激が強くなります。
また、香料が強いもの多く、子供が身につけるには不釣り合いなほどの香りになってしまいます。
私の場合は、脇の下が赤くなったりかゆくなったりするものもありました。

子供も使える!が明記されたワキガクリームが安心

そういったことを考えると、国内メーカーが作っているワキガクリームは安心感があります。

特に、クリアネオやデオシークと言ったワキガクリームは、

  • 1日に1回のケアで大丈夫
  • パッチテスト済み
  • 子供でも使用できることが明記されている

という3点をクリアしています。

子供の場合は、何が自分に合うのかリサーチしたり判断したりするのが難しいもの。
親がしっかりとサポートしてあげたいものです。

フッターバナー_おすすめ02フッターバナー_制汗剤02
フッターバナー_わきがクリームの選び方02フッターバナー_石鹸の選び方02 フッターバナー_おすすめ03フッターバナー_わきがのチェック01フッターバナー_価格による違い01フッターバナー_基礎知識01

TOPページへ

サブコンテンツ

このページの先頭へ