制汗デオドラント・ボディーシートの選び方

他の記事でも書いたのですが、制汗デオドラントのボディーシートは、加齢臭防止には全く効果ありません。なぜなら、汗のニオイと加齢臭では、臭いの原因が全く違うから。加齢臭の原因は酸化した皮脂で、汗のニオイは、汗の成分で繁殖した雑菌が原因です。

GATSBYアイスタイプ・ボディーシートでも、加齢臭対策をしている人には、制汗デオドラントのボディーシートは絶対にお勧めします!なぜなら・・・加齢臭対策していても、結局は汗のニオイで「臭い」って思われたら意味ないからです。オジサンにとって大事なのは、~対策したかどうか?ではなくて、「臭いくない」って周囲に思われること。

だから、暑い時期にはボディーシートを持ち歩いてしっかりと汗のニオイはケアすべしです。ただ・・・ただですね、ボディーシートって、色々あって、正直何選んでよいのかわからなくなります。

ウルオス・ボディーシート「えっ?ボディーシートって何選んでも変わらんでしょ?」

いえいえ・・・そんなこと全然ありませんよ。ボディーシートにもそれぞれ特徴があるので、香りとか使いやすさとか結構違いがあるんです。そんなわけで、この記事では、ボディーシートの選び方について書いていきたいと思います。

ボディーシート選びのポイントはシートの大きさ

ボディーシートって、製品によって、その大きさが違います。これ、ボディーシートの使いやすさを決定するって言っても過言じゃありません。

大きいシートであれば、体をしっかりと拭きやすいのですが、シートが小さいと、拭いた時にシートの端っこが丸まってしまい、体全体をうまく拭けなくなります

では、どんなシートが大きくて、どんなシートが小さいのかというと・・・下の写真を見てください。
デオドラントシート大きさ比較

デ・オウとウルオスが小さいですね。実際に拭いてみると、これが、本当に拭きにくい。小さい上に生地が薄いので、拭いているうちにシートの角がすぐに丸まってしまって、広げた状態で広い面積をカバーできないんです。
ボディーシート使い方01

AG+、GATSBY、ビオレの3つは大きいので使いやすいです。特に、胸回りや腋の下を拭く時にはシートの大きさは必須。小さいと何回拭いても丸まってしまうので、広い部分を一気に拭きたい時には本当に不便です。

ボディーシートの生地にも注意!

ボディーシートの生地にも注意した方が良いです。AG+とGATSBYのアイスタイプ、メンズビオレはメッチャ拭きやすいです。生地が固いので、拭いていても丸まりにくいですね。シートって言うより、簡易的なタオルを使っている感じです。特に、ビオレは肌触りがとても良いので、拭いていて気持ち良いです。

ただ、一方で、シートが大きくても拭きにくいのもあります。下の写真はGATSBYのボディーシートを3つ並べていて、左からパウダータイプ、バイオコア、アイスタイプです。
ボディーシートの生地比較

大きさは、パウダータイプとバイオコアの方が、アイスタイプよりも大きいのですが、実は、アイスタイプの方が拭きやすいんです。パウダータイプとバイオコアは大きいものの、シートが薄くて丸まりやすいですね。下の写真みてもらうと、生地の違いも分かると思います。
ボディーシートの生地01

ボディーシートの香りは、無香料がオススメ

ボディーシートって、モノによってはかなり香りが強いです。強いだけならまだよいのですが・・・明らかに「若者向け」の香りの場合があるので、MANAOのような40過ぎのオジサンがボディーシートを買う時には、ちょっと注意をしないといけないなと思います。明らかなオジサンが、アクアマリンの香りとかプーンとさせていたら、ちょっと「痛い」かもしれません(汗)。

GATSBYバイオコア・ボディーシート中年おじさん限定でおすすめするなら、無香料のAG+かGATSBYのバイオコアがお勧めです。無香料のシートで汗を拭きとって、余計な香りを残さない。そうしないと、拭いた後にかいた汗や、シャツについた汗のニオイと香料のニオイなんかが混ざったら、わけのわからない不気味なニオイになってしまいますからね。

中年なら、無香料で押し切るか、もしくは無香料のボディーシートでケアしながら、自分の年齢にふさわしいフレグランスで香りをたしなんだ方が良いと思いますよ。

殺菌力

最後に、ボディーシートを選ぶ時って「殺菌力」にこだわるべきだと思います。汗臭くなるのって、汗の栄養分を吸収して雑菌が繁殖するから。汗そのものが匂うわけではないんです。だから雑菌の繁殖を抑えることはとても大事で、いくら良い香りがする香料がはいっていたとしても、殺菌ができなければかえって臭くなります。それこそ、汗のニオイと香料のニオイが混ざって、すごいニオイになりますね。よくいません?そういうオジサンが・・・?

ボディーシートの役割は、汗をかいたらこまめに体をふいて、皮膚上で雑菌が繁殖するのを防ぐこと。だから、殺菌力は最重要です。

じゃあ、どれ選んだら良いの?ってことなんですが、これまで色んなでデオドラント商品を試してきましたが、結局のところは、「銀」が最強の力を持っている感じがします。石鹸ランキングで紹介したアジカなんて、その典型例で、銀の殺菌力があるから消臭効果、その持続時間が半端ないんです。

AG+ボディーシートじゃあ、銀を使ったボディーシートは?と言えば、AG+ですね。これ、実際使ってみると、本当に消臭力が強いですし、持続時間が長いです。女性と違って男性の場合は「制汗」って無理だと思います。汗をかくことを前提にして、「臭わないためにはどうしたらよいか?」って発想をもっていかないとなりません。

だから、ボディーシートは、汗をかいたら拭く→殺菌する→臭わないという効果に徹するべきです。よけいな香りとか必要ないです。制汗とかは期待せずに、あくまでも小まめなケアをするためのアイテムって考えて、外出時に持ち歩くようにしましょう。

デオドラント・ボディーシート ランキングはこちら

フッター_加齢臭対策ランキング01フッター_ボディソープランキング フッター_加齢臭クリームランキングフッター_シャンプーランキング フッター_石鹸ランキングフッター_女性用アイテム フッター_わきが対策ラボ01フッター_わきが対策ラボ02