食生活と加齢臭の関係

加齢臭が臭ったら、まずは石鹸で洗う・・・これ基本だと思います。でも、それだけじゃ、実は駄目なんです。

加齢臭の原因って、皮脂が酸化したノネナールです。だから、皮脂が出てくる限り、または皮脂が酸化する限りは、加齢臭が発生するわけですよね。ということは、加齢臭を消すために、一生懸命体を洗うことよりも、実は、皮脂を減らすことや皮脂を酸化させないことの方が大切だったりします。

じゃあ、皮脂を減らすことってできるんでしょうか?酸化を防ぐことってできるんでしょうか?
調べてみると、どうやら食生活に、その方法があるようです。

動物性の脂肪を摂らないようにする

1つ目の方法は、動物性の脂肪を極力摂らないようにする。動物性の脂肪は、加齢臭の原因の皮脂の原料になっちゃうそうです。
皮脂は、もちろんアブラです。で、動物性の脂肪を摂り過ぎていると、小腸で吸収された後に、皮膚から、皮脂として分泌されるんだそうです。つまり、脂っこい肉料理とか、ラーメンとかばかり食べていると、それって、思いっきり皮脂の原料を体内に溜め込んでいるってことになりますよね。恐~って感じです。だからなんですかね。我々オヤジが加齢臭強くなるのって。MANAOも、ラーメン、肉料理大好きです。で、しかも夜中に思いっきり食べてますからメタボです(汗)。

ビタミンCやE、ベータカロチンなどの抗酸化物質をしっかりと摂取する

2つ目の方法は、抗酸化物質をしっかりと摂取して、体の酸化を防ぐってことです。
ビタミンEとかビタミンCとか、ベータカロチンとかに、酸化を防ぐ働き=抗酸化力があるらしくって、こういうの摂っていると良いようです。で、こういう物質が含まれているものって・・・野菜!MANAOが最も嫌いな野菜!野菜より肉だ~!って声高に叫んでいた今までの人生を、どうやら反省しないといけないらしいです(汗)。
ビタミンC・・・柑橘類(レモン、オレンジなど)全般、パセリ、ブロッコリ、ほうれん草、ニラ、トマト・・・
ビタミンE・・・アスパラ、かぼちゃ、さつまいも、玄米、アーモンド、煎茶、ひまわり油・・・
ベータカロチン・・・ニンジン、ホウレンソウ、カボチャ、トマト・・・

こんなのを食べてれば、体の酸化を防げる=皮脂の酸化を防いで、加齢臭を防げるって訳です。
でも、でも、MANAOにはこれは苦行・・・。
やっぱり皮脂を出すだけ出して、石鹸でとるしかないんですかね(汗)。

少しだけ逃げ道があるとすると、サプリですね。MANAO的には、ビタミン関係はサプリが結構出ているので、コレ使って、抗酸化力をつけるしかないかな・・・なんて考え中です。

加齢臭対策ラボTOPページへ

フッター_加齢臭対策ランキング01フッター_ボディソープランキング フッター_加齢臭クリームランキングフッター_シャンプーランキング フッター_石鹸ランキングフッター_女性用アイテム フッター_わきが対策ラボ01フッター_わきが対策ラボ02