正しい加齢臭の消し方/加齢臭対策石鹸は泡立たせよ!

美香小町の泡はクリーミー正しい加齢臭の消し方の1つとして、
加齢臭対策石鹸は泡立てて、全身に優しく塗って・・・
というのがあります。

この「泡」って実はとても大切で、泡が肌に塗られることで、石鹸の成分が肌に浸透して、
毛穴からノネナールや皮脂を取り除いたり、
殺菌作用が働いたり
するわけです。

タオルでゴシゴシは、皮膚を傷つけ、余分な皮脂を分泌させる

ここで抑えておかないとならないポイントは、タオルで強くゴシゴシやったら、かえって肌を傷つけて皮膚を刺激、傷つけることがあること。
人間の皮膚からは皮脂が分泌されているんですが、これって肌を守るためのもの。肌が傷つつけられると、それを守るために皮脂が分泌されます。
皮脂こそ、加齢臭の原因。皮脂が酸化することで、加齢臭の原因「ノネナール」ができるわけですから。
・・・つまり、
タオルでゴシゴシ⇒皮膚が傷つく⇒余計な皮脂が分泌⇒かえって加齢臭の原因が増える
という悪循環になるわけです。

泡が全身を包むから、皮膚を傷つけずに加齢臭が取れる!

タオルでゴシゴシやらずに、加齢臭の元となる皮脂を取り除くためには、「泡」が不可欠。
泡が体を包むことで、毛穴まで石鹸成分が浸透して、皮脂やノネナールを取り除き、殺菌をしてくれるわけです。
泡が全身を包むだけなので肌を傷つけずに加齢臭が取れる。肌が傷つかないから、新たな加齢臭の元を作り出すこともない。

つまり、加齢臭を取るためには、「泡」は不可欠っていうことですね。

石鹸で泡を作るのに必要な「泡立てネット」

石鹸で泡をつくろうと思ったら、泡立てネットは必要です。
百聞は一見に如かず。プラスデオで比べて見るために動画を撮ったので、見てください。

ネットで泡立てるとふんわり軽い泡

タオルだとほとんど泡立ちません。

手で泡立てると、トロ~っとした泡になるので、顔は洗いやすいです。

泡立てネットも色々・・・中でもアジカのネットが超オススメ!

アジカのネットこのように、泡を作るためには、泡立てネットは必須です。加齢臭をしっかりと消すためには、是非用意をしてくださいね。
ちなみに、加齢臭対策石鹸を買うと、オマケでついてくる「泡立てネット」ってありますが、使いやすいものと使いにくいものがあります(汗)。
管理人が使った限り、アジカについているものが最も使いやすく、このサイトの動画は、ほぼアジカのネットを使用しています。市販の泡立てネットよりも良いのでは・・・?と思うし、オマケにするの勿体無いくらい使いやすいです。とりあえず、色々な加齢臭対策石鹸を試すつもりであれば、最初にアジカを「お試しセット」で購入して、それから他の石鹸を試すと、石鹸の「泡」の効果を堪能できるのでオススメです!

アジカについての詳細はこちら
アジアについての動画付き体験レビューはこちら

加齢臭対策ラボTOPページへ

フッター_加齢臭対策ランキング01フッター_ボディソープランキング フッター_加齢臭クリームランキングフッター_シャンプーランキング フッター_石鹸ランキングフッター_女性用アイテム フッター_わきが対策ラボ01フッター_わきが対策ラボ02