s                    

食事の工夫で加齢臭対策

加齢臭の原因は皮脂なのですが、食事の仕方によって、この皮脂の分泌が多くなったり、少なくなったりするようです。そこで、どんな食事をすると加齢臭が臭いやすくなるのか?どんな食事をすれば加齢臭対策が出来るのか?という部分に焦点を当ててみたいと思います。

加齢臭を発生させる「脂っこい」食事

加齢臭が発生しやすい食事、つまり皮脂の分泌が多くなってしまう食事の仕方というのは、
・脂っこいモノをたくさん食べる
・肉料理などの脂分が多いものをたくさん食べる
・ビタミンCやビタミンEなどの抗酸化物質が含まれている食品を摂っていない
といったものです。

脂は肝臓で分解されます。脂っこいものばかりを食べていると、肝臓に負担がかかって、弱ってしまいます。そうなると脂が肝臓で分解し切れずに、全身にまわり、それが酸化して加齢臭につながってしまうようですね。

また、肝臓がつかれてくることで、人間は、もっと脂っこいものをたべたくなるようです。こうなってしまうと悪循環ですね。

さらに肝臓が弱ることで、ストレスに対する耐性も弱ってしまうそうです。ストレスが強くかかると、体内では「活性酸素」が大量発生してしますが、これこそ加齢臭を発生させる最大原因のひとつ。活性酸素が大量発生することで、皮脂の酸化が進んでしまいます。皮脂が酸化すれば加齢臭の発生・・・もはや良い事は何もないですね。

加齢臭の原因となる食事はどんなもの?

加齢臭の発生原因となる「脂っこい食事」って具体的にどんなものでしょうか?

大トロなど脂肪の多い魚や、フライ・コロッケ・から揚げ、カレーライス・牛丼・ラーメンなどはその代表格です。あと、ハンバーガーなどのファストフードも避けて下さいね。トランス脂肪酸という体に非常に悪い脂質を含んでいるからです。

加齢臭対策になる食事はどんなもの?

それでは、加齢臭対策に効果的な食事はどんなものでしょうか。

まず、なんといっても、抗酸化物質を取ることが大切です。抗酸化物質の代表は、ビタミンCとビタミンE。ビタミンCは旬の野菜に大量に含まれていますし、かんきつ類にもたくさん含まれていますね。また、ビタミンEが含まれる食材は、以下のようなものになります。

アーモンド、アボカド、ヘーゼルナッツ、落花生、サバ、ウナギ、カボチャ、サツマイモ、ホウレンソウ、キウイ、豆乳など

また、緑茶を飲むのはとても効果が大きいそうです。緑茶には、ポリフェノールや茶カテキンといった抗酸化物質が豊富にあります。食事のともとして飲むだけですから、これなら簡単にできそうです。

それから、お勧めしたいのが「亜麻仁油」。亜麻仁油にはオメガ3脂肪酸という物質が含まれています。オメガ3脂肪酸は脂質の一種なのですが、その中にはDHAやEPAも含まれていて、ホルモンバランスを整えたり、動脈硬化の予防をすると言われています。このオメガ3脂肪酸は、体内の余分なコレステロールや脂質を洗い流してくれるので、加齢臭の元になる脂を排除してくれるわけです。

亜麻仁油は、そのまま飲んだり、野菜や豆腐にかけて食べるもので、加熱して調理は出来ないので注意して下さいね。

加齢臭対策を食事の代わりにサプリでするなら?

食事でバランスを取るのが難しいなら、最後はサプリの力に頼るしかありませんね。この場合は、まず基本になるのはビタミンCとビタミンE。ただし、ビタミンCは摂りすぎても水分に溶けて尿と一緒に排出されるので問題ないのですが、ビタミンEは水に溶けないため、尿と一緒に排出できず、体内に蓄積する可能性があります。もちろん摂りすぎなければ良いのですが、サプリメントで摂取すると、どうしても摂取し過ぎるリスクはあります。サプリで摂る場合は、ビタミンEよりもビタミンCが無難だと思います。

あとは、抗酸化物質が含まれている体臭サプリですね。

体臭サプリにも色々なタイプがあって、腸内環境を整えるもの、体内からバラの香りを出すものなどもありますが、加齢臭対策するなら、抗酸化物質が含まれているものを数ヶ月飲むのが基本。抗酸化物質の摂取が効果を出すには、習慣的に抗酸化物質を摂取する必要があります。1日、2日で効果があると考えるのではなくて、数ヶ月試してみる姿勢が大切ですね。

サイトメンテナンス

只今テスト中

フッター_加齢臭対策ランキング01フッター_ボディソープランキング フッター_加齢臭クリームランキングフッター_シャンプーランキング フッター_石鹸ランキングフッター_女性用アイテム フッター_わきが対策ラボ01フッター_わきが対策ラボ02