s                    

加齢臭対策 効果を出すためにかかるコストは?

加齢臭対策にかけるコストとその効果についてちょっと考えてみました。石鹸もシャンプーも、毎日使うモノですから、出来るだけ安い方が良いのは確かです。でも、一方で、しっかりと加齢臭対策効果を発揮してほしいのもあります。このあたりのバランスのとり方は、難しいですね。

加齢臭対策石鹸・ボディソープの価格と効果

石鹸やボディソープは安いものから高いものまで色々ありますよね。石鹸は100円くらいから普通に売っていますし、ボディソープも300円台で入手できます。そうなると、男性は、「石鹸やボディソープって、洗えば普通に綺麗になるんじゃない?そんなに悪いものってないでしょ?」って思いがちですから、どうしても安いものに手を出してしまいます。女性も、香りや洗い心地が嫌でなければ、そこそこ安いもので済ませてしまう人も多いんじゃないでしょうか。

ただ、実際に、多くの石鹸やボディソープを使ってみると、
加齢臭対策に関してはコストをかけないと効果が出ない
というのが実情。

「高いものなら絶対に効果がある」というわけではないのですが、少なくとも「そこそこ高い石鹸やボディソープでないと加齢臭対策は難しい」ということだけは確かです。

では、「加齢臭対策に効果を出す」ための価格っていくらくらいなんでしょうか?

加齢臭対策石鹸 効果が出る価格の目安は?

私は、最低ラインとしして、石鹸は2,000円前後が目安、ボディソープだと3,000円前後が目安って思っています。もちろん、この価格を出せば絶対に加齢臭対策が出来るわけではありません。高くても効果が全然なかったものもあります(汗)。

もうちょっと安いと助かるんですが・・・加齢臭対策って、通常の消臭対策とは必要な成分が違うし、さらに加齢臭の予防のためには「肌を傷つけない」「肌を乾燥させない」っていう肌ケアの機能が必要です。実は、メーカーさんの話によると、石鹸やボディソープって、ココの部分が一番生産コストがかかるらしいんですよね。

加齢臭対策には、保湿・肌ケア機能が必要で、そのためには生産コストがかかる・・・となれば、加齢臭対策石鹸・ボディソープは、必然的に高くなるというわけです。

シャンプーで加齢臭対策するならいくら出す?

シャンプーの場合も、石鹸・ボディソープと同じで、
頭皮の保湿
がとても大切です。いくら加齢臭の原因となる皮脂・ノネナールを取り除いても、洗った後に頭皮が傷ついたり、乾燥したりすれば、そこで大量の皮脂が分泌されてしまいます。皮脂をしっかりと取り除いたうえで、なおかつ、保湿や頭皮ケアをしてくれる・・・となると、やはり限られたシャンプーになってきます。

そうなるとコストもかかりますね。私が試した範囲だと、加齢臭対策が出来るシャンプーって2,000円台なら格安な方で、4,000円以上コストがかかるのも普通という感じがします。特に女性向けシャンプーは、メーカーも厳しい競争にさらされているので、香り成分やオーガニックにこだわった高品質なシャンプーがどんどん発売されてきています。高品質な分、高くなっているんですよね。

ドラッグストアなどで購入すれば、シャンプーは1本1,000円前後で入手できます。大手メーカーのもので、イメージ的にも良いし、香りも良いものが手に入ります。髪の毛の修復機能にすぐれたものもあります。でも、頭皮を乾燥させずに、加齢臭を出さない・・・となるとやはり、そこそこの価格になってしまうというのが実感ですね。

加齢臭対策でメンズコスメを使うかどうか?

さて、石鹸+シャンプーまたはボディソープ+シャンプーだけでも結構な金額です(汗)。なのに、さらにメンズコスメの話をしないとなりません。

顔は頭皮に次いで皮脂の分泌がさかんなところです。だから、実は、体よりも顔の方が加齢臭対策をしないとならない場所なんです。

加齢臭対策の仕方は、洗顔フォームで洗って化粧水をつけるのですが・・・ここで、加齢臭対策ができるレベルの洗顔フォーム+化粧水は、やはりそこそこコストがかかります。まず、石鹸でゴシゴシ顔を洗うなんて、絶対に避けて下さい。風呂上がりに顔が乾燥して、ますます皮脂の分泌がさかんになってしまいます。

洗うのであれば、保湿効果が高い洗顔フォーム+化粧水のセットを選ぶべきです。

コンビニやドラッグストアで売っているメンズコスメ商品も数限りなく使いましたが・・・ダメですね。中年の顔の脂や加齢臭を防止してくれるものはほとんどないですよ。ほとんどが、洗った後に肌が突っ張ったり、化粧水やローションも、肌への浸透力が弱いと言うか、保湿が長時間続かないんですよね。だから、洗ってもすぐに、顔に脂が浮き出てしまいます。

実際に加齢臭効果を出そうと思うと、洗顔フォームなら2,000円、化粧水やジェルの類なら3,000円くらいはコストをかけないと、保湿効果が高いモノは入手できません。ただ、これも石鹸やボディソープと同じで、高ければ全て良いものか?っていうとそんなこともないです。数百円のものに比べるとさすがに違いますが、高いモノの中でも、その効果には開きがあります。

サイトメンテナンス

只今テスト中

フッター_加齢臭対策ランキング01フッター_ボディソープランキング フッター_加齢臭クリームランキングフッター_シャンプーランキング フッター_石鹸ランキングフッター_女性用アイテム フッター_わきが対策ラボ01フッター_わきが対策ラボ02