s                    

加齢臭とEDの微妙な関係から酸化ストレスを考える!

この前、ED関連の本を読んでいた時に、加齢臭とEDに関係があるっていう話を知りました。
え~っ?なんで、EDが加齢臭と関係あるの?
って、ちょっと衝撃だったんですが、良く読んでみるとなるほどな・・・ってことがあったので、ちょっと報告したいと思います。

まず、EDって何か?って話からしますね。EDは「勃起不全」というやつで、性的に興奮してもペニスが勃起しなくなることです。ペニスが 勃起するためには、ペニスの海綿体に血液が流れ込まないとならないんですが、これが阻害されてしまうのがED。では、なぜそんななってしまうのか?っていうことなんですが、その一つがストレスなんです。

加齢臭もEDも酸化ストレスが原因に!

人間って、心身にストレスがかかると、体内に「活性酸素」が発生します。活性酸素は、本来、体内に侵入してくる細菌やウィルスを攻撃して体を守る働きをするものなんですが、これが増えすぎてしまうと、体内の必要な組織まで攻撃してしまいます。このように体内に活性酸素が増えすぎると、体が酸性に傾いてしまうのですが、このような状態を「酸化ストレス」と言います。

この酸化ストレスもEDの原因になります。酸化ストレスは血管を広がりにくくするので、勃起時の海綿体への血流の流れを悪くしてしまうんです。そのためEDの原因になります。

さらに酸化ストレスは、皮脂を酸化させて加齢臭を発生させる原因の一つになります。

加齢臭は皮膚表面に分泌された皮脂が酸化することで発生します。人間には、元々は、酸化を防ぐ抗酸化力が備わっているのですが、40代以降になると抗酸化力が落ちていきます。その結果、皮脂が酸化しやすくなって加齢臭が発生するわけです。その状況に加えてさらに酸化ストレスが加われば、皮脂の酸化はなおさら進み、加齢臭が発生しやすくなりますね。

加齢臭も、EDも、その発生原因のひとつがストレスであることは確かです。そのため、加齢臭がしていたら、その原因がストレスである可能性もあって、もしそうであれば、EDになるリスクもケアした方が良いというわけです。

酸化ストレスをクリアするには

なので、加齢臭が発生していたらEDをケアし、EDになっていたら(軽度のものであっても)加齢臭をケアする必要があります。原因は同じ「酸化ストレス」の可能性があるからです。

では、酸化ストレスを防ぐには何をしていけばよいのでしょうか?

酸化ストレスの原因はいくつかあります。体に活性酸素が発生するのは、心身にストレスがかかるからなんですが、この心身のストレスの原因には、
・精神的なストレス
・タバコ
・不規則な生活
・睡眠不足
・体の冷え
などがあります。これらの解消はとても大切なのですが、中でもタバコは、加齢臭にとってもEDにとっても大敵です。タバコの煙の中には大量の活性酸素が含まれているので、酸化ストレスの原因そのものになります。またタバコのニコチンには、血管を収縮させる働きがあるので、EDにとってはとくに悪影響を与えてしまいます。

上にあげた原因を取り除けない場合は、サプリメントの力を頼るのが良いです。抗酸化作用が成分で代表的なものは、ビタミンCです。どこでも売っているサプリメントなので、毎日飲むと良いと思います。その他にも緑茶には茶カテキンが含まれていて、強力な抗酸化作用があります。

抗酸化作用をうたっている体臭サプリもおすすめですね。

サイトメンテナンス

只今テスト中

フッター_加齢臭対策ランキング01フッター_ボディソープランキング フッター_加齢臭クリームランキングフッター_シャンプーランキング フッター_石鹸ランキングフッター_女性用アイテム フッター_わきが対策ラボ01フッター_わきが対策ラボ02