s                    

両親の加齢臭が気になり始めたら・・・

両親の加齢臭が気になり始めたら、出来るだけ早い段階で、何か対策をするのがベター。でも、問題なのは対策の取り方です。親に向かって「臭うよ~」って言い辛い人もいると思います。私なんかはそっちのタイプ。うちの親なんて、そんなこと言ったら、かえってへそ曲げて何にもしてくれないですからね。それに、相手が義理の父母だったりしたら尚更です。

両親の加齢臭は、ケアした方が良い理由がある

両親の加齢臭は絶対にケアしてあげた方が良いです。もちろん、自分がそばで接しているのが辛いって言うのもあるんですが、そう言うことではない部分で、両親の人生を変えてしまうような影響が、加齢臭対策にはあるんです。

まずは、両親の友人関係。60~65歳を退職して第二の人生を歩み始めることになると思うんですが、その時の近所づきあい、友人との交流を楽しんでもらうためにも、加齢臭はしっかりとケアしてあげるのが良いですね。

歳をとってくるのでお互い気にしないはず・・・なんていうのは誤解。今は、60過ぎてもお洒落な人、きれい好きな人は普通にいます。そんな人達から「臭い」って思われるのは、人間関係上とても辛いことになります。臭いは人を遠ざけてしまうので、加齢臭には要注意です。

特に加齢臭って自分では気づきにくいんです。人間って汗かいた時の臭いは気にするんですが、汗とは関係なく普段から自分が発している臭いには慣れてしまっているので気づかないんですよね。そうこうしているうちに、友人を遠ざけてしまっていたら、第二の人生が楽しめません。両親の第二の人生のためにも、加齢臭のケアは必要です。

さらに、孫との関係です。子供は思ったことをストレートに口に出しますから、「臭い」ってことも言ってしまいます。これ、言われた時のショックは相当なものです。仮に、子供が言わなかったとしても、「臭いな~」って感じていれば、段々近くに寄らなくなってしまいますからね。近づいてこない孫を可愛いとは思えなくなるでしょうし、孫の方も、おじいちゃん・おばあちゃんのこと、嫌いじゃないけど臭いがちょっと・・・って感じで近寄らない。そんなことを続けていれば距離はどんどん離れていってしまいます。

昔のような大家族制度で暮していれば、小さい頃から、「おじいちゃん・おばあちゃんの臭い」ってものに慣れていますから、加齢臭も気にならないんです。でも、普段から親子三世代で暮らしていない子供には、おじいちゃんのニオイ・おばあちゃんのニオイには親しみがありません。だから、異質なものとして、加齢臭を「臭い」って思っちゃうんですよね。

なので、孫との関係という意味でも、両親の加齢臭はケアしてあげましょう。それが出来るのは、我々中年世代だけですから。

両親の加齢臭をケアする方法

となると、両親の加齢臭をどうやってケアするのか・・・っていうことが大切になります。

まさか、「お父さん、最近臭いから、ちょっと何とかしてよ!」なんて言えません。言ったら、もう何も言うこと聞いてくれなくなります。そこで、おすすめなのっは、「この石鹸(シャンプー)、とっても使いやすいからどうぞ!」みたいな感じで、加齢臭対策石鹸を勧める方法。

大事なのは「使いやすいから」っていう角が立たない言い方をするところです。「臭いをとるから」とか「良く洗えるから」っていう、直接の効果を表す言葉は使わない方が無難。「これ、臭いがよく取れるから使って」なんて言ったら、「それって、私のこと臭いって言っているんじゃ・・・」なんて思ってしまいます。「良く洗えるから」って言ったら、「それって、汚いって言われているのかな・・・」って思っちゃいます。

定期購入が必要だったら、買ってあげるか、せめて購入手続きまではしてあげて下さいね。自分でネット申し込みまではしてくれないと思うので。

サイトメンテナンス

只今テスト中

フッター_加齢臭対策ランキング01フッター_ボディソープランキング フッター_加齢臭クリームランキングフッター_シャンプーランキング フッター_石鹸ランキングフッター_女性用アイテム フッター_わきが対策ラボ01フッター_わきが対策ラボ02