s                    

加齢臭を消すための洗い方

前の記事で、加齢臭が特に臭う場所は、
頭皮、Tゾーン(顔の額~鼻)、耳の後ろ~首、胸
背骨の近辺、腋の下、へそ、陰部
で、その中でも特に、
 頭皮、耳の後ろ、顔のTゾーン、胸
の4箇所が臭いやすいことを書きました。
ですから、この部分をしっかりと洗うことが大切なのはあたりまえなのですが・・・・・

意外と大切なのは、洗い方なんです。
加齢臭を消すための洗い方のポイントは・・・
ゴシゴシこすらないこと!

なぜか?
それは、皮脂と関係があります。

脂性の人って・・・少しでも顔のてかりや、体臭を取りたいので、タオルで体中ゴシゴシやちゃいません?
あれって意味無いらしいんです。
皮膚の表面についている皮脂が落ちると、人間の体は、その分の皮脂を補充するために、新たな皮脂を分泌します。
ですから、皮脂を取り去っても、あらたな皮脂が分泌されるだけなんです。
だから、ゴシゴシこすると、肌の表面を傷めるだけで、意味がありません。

加齢臭を取るためには、ノネナールを除去することだけを意識しましょう。
そのためには、ノネナールを除去する成分をしっかりとふくんだ石鹸を、
しっかり泡立てて、
泡を体にぬって、
手と泡で体やさしくを包むように丁寧に洗っていくこと
が大切です。
ゴシゴシやらなくとも、石鹸は毛穴にしっかりと浸透して、
皮膚の表面についたノネナールをしっかりと除去してくれます。

実は、加齢臭のケアは、お風呂場だけでは駄目なんです。
入浴後のケアにも一工夫必要なんですが、次の記事でそれを書いていきます。

 次へ 入浴後のケアで加齢臭対策に一工夫

加齢臭対策ラボTOPページへ

サイトメンテナンス

只今テスト中

フッター_加齢臭対策ランキング01フッター_ボディソープランキング フッター_加齢臭クリームランキングフッター_シャンプーランキング フッター_石鹸ランキングフッター_女性用アイテム フッター_わきが対策ラボ01フッター_わきが対策ラボ02