s                    

加齢臭は、体のどこから臭う?

加齢臭の原因をもう一度おさらいしましょう。

人間の皮膚からは、脂が分泌されます。これを皮脂というのですが、
この皮脂は時間が経つと酸素と結びついて「酸化」し、
ノネナールという物質に変質します。
この、ノネナールという物質が加齢臭の原因なわけです。

皮脂が分泌されるところが加齢臭が臭う場所

ということは、この皮脂が分泌されるところが、
加齢臭がするところ
ということになりますね。

以下の部分が、特に皮脂の分泌が多いところ・・・つまり加齢臭が臭う部分のようです。

加齢臭が臭う部分はココ!
  • 頭皮
  • Tゾーン(顔の額~鼻)
  • 耳の後ろ~首
  • 背骨の近辺
  • 腋の下
  • へそ
  • 陰部

で、まずはこの部分をしっかりと洗うことが大切になります。
ただ、この中でも、特にどこからの臭いが強いのでしょうか・・・?

加齢臭が特に臭う場所は、頭・耳の後ろ、顔のTゾーン

制汗デオドラント関連商品のCMを見ていると、加齢臭でも、最も臭うのは「ワキの下」のような気がします。一般の調査でも、「体の臭いがどこからすると思うか?」という問いには、「腋の下」という回答が最も多いようです。
ところが・・・・
加齢臭が最も発生しやすい場所は、
頭皮、耳の後ろ、顔のTゾーンの3箇所なんです。
この3箇所が最も皮脂が発生しやすい、つまりノネナールが発生しやすい場所になります。
どんな方法を使って加齢臭を消すにしても、まずは、ここの知識が基本になりますので、しっかりと覚えておいてくださいね。

次の記事では、加齢臭を気にした方がよい人はどんな人か?について書いていきます。

 次へ 加齢臭を気にした方が良いのはどんな人?

加齢臭対策ラボTOPページへ

サイトメンテナンス

只今テスト中

フッター_加齢臭対策ランキング01フッター_ボディソープランキング フッター_加齢臭クリームランキングフッター_シャンプーランキング フッター_石鹸ランキングフッター_女性用アイテム フッター_わきが対策ラボ01フッター_わきが対策ラボ02