わきがの手術は、リスクをよく理解してから

わきがを治すのに、手術をしたいと思ったことはありませんか。
逆に、手術をしようと思ったけど、情報を探していたら失敗例があって怖くなったことはありませんか

わきがの原因は、アポクリン腺から出る汗です。
また、もう一つの汗腺であるエクリン腺と皮脂腺によって、その匂いは増長してしまいます。

そのため、わきがの根治を目指すには、アポクリン腺・エクリン腺・皮脂腺を除去するしかなく、そのためには手術が必要になります

AIKOただ、現段階での医療技術では、どうしてもある程度の限界があります。
それは、以下の2点が払しょくできないからです。

  • 傷が残るリスクがある
  • 費用がかかる

この記事では、主なわきがの手術方法について、説明していきたいと思います。

保険が効くわきが手術は?

まず、なんといっても最初に気になるのは、手術にかかる料金ではないでしょうか。

全国の様々なクリニックを見てみると、大体費用は20~30万はかかります
これだけ費用がかかるとなると、保険が効く病院は無いの?って思いますよね。

会計実は、保険が適用されるわきが手術をしている病院もあります

ただ、全ての病院が、保険適用の手術をしているわけではありません。

これは、保険適用のわきが手術は、病院にとって採算がとれないからなのです。

また、保険適用のわきが手術を行うようになると、1日に処理しなければならない手術件数があまりにも多くなり、手術の質が落ちることを嫌う医師もいるようですね。

ちなみに、数あるわきがの手術法の中で、保険適用になるのは、「剪除法」という手術方法を使った場合だけです。
(片脇で2万円以下のところもあります)
※クリニックによっては、剪除法を皮弁法と呼んでいるところもあります。

わきがの手術法について

わきがの手術方法は、大きく分けて「目視による手術法(直視下手術法)」と「目視によらない手術法(非直視下手術法)」があります。

「目視による手術法(直視下手術法)」による手術は、確実に脇汗や臭いを取る点では優れているものの、手術の時間が長くかかったり、傷跡が目だったりするケースが多いです。

一方で、「目視によらない手術法(非直視下手術法)」は、傷跡が目立たず手術が短時間で終わる反面、脇汗や臭いを取る確実性が低くなってしまうと言われています。

どちらも兼ね備えた万能な手術と言うのは存在していないのが現状です。

手術方法 長所 短所
目視による手術法
(直視下手術法)
脇汗・ワキガ臭を取り除ける
確率が高い
手術の時間が長い
傷跡が大きい
目視によらない手術法
(非直視下手術法)
手術の時間が短い
傷跡が小さい
脇汗・ワキガ臭を取り除ける
確率が低い

目視によるわきがの手術法(直視下手術法)

目視によるわきがの手術法(直視下手術法)には、

  • 切除法
  • 剪除法

が、あります。

切除法

切除法は以前行われていたものの、今はほとんど行われない手術法です。
傷が大きく残る上、2週間以上の安静が必要で、手術後、腕の上げ下ろしの動作に問題が生じることもあったようです。

剪除法

現在、保険適用できるわきが手術として行われているのは、この手術法だけです。
安いところだと、片脇で2万円以下で手術が可能です。

患者に説明をする医師手術方法は、脇の下に4~5cmの切れ目を入れて、皮膚をひっくり返した後、目視によって汗腺を切除するものです。
わきがの直接の原因となるアポクリン腺は簡単にとれるのですが、皮膚の近くにあるエクリン腺は切除が難しく、熟練の技術が必要と言われています。
エクリン腺は皮膚近くにあるので、失敗すると皮膚に穴が開くケースもあるわけです。

また、傷が残る他、完全回復には時間がかかるという点もデメリットとして挙げられます。
保険が効くものの、手術方法としては万能ではないのです。

目視に寄らないもの(非直視下手術法)

3cabf8e9cda33b99469d923965459b9c_s非直視下手術法とも言われていて、目視によって汗腺を切除するのではなく、器具によって汗腺をかき出したり吸引したりする方法です。
傷跡が残らず、短時間で終わるのが最大のメリット。
一方で、わきがを治す効果が薄いとも言われています

  • 皮下組織削除法
  • 皮下組織吸引法
  • 超音波法

などがあります。

新しいわきが手術の方法のため、健康保険の対象とはならず、数十万の費用がかかってしまうのも難点です。

皮下組織削除法

2~4cmの切れ込みを開けて、1か所の穴から器具を入れ、内部の汗腺をかき出す方法です。
剪除法に比べると切れ込みの穴が小さいので、傷が目立ちにくいですね。

ただし、医師の技量が未熟だと穴をあけたり、黒ずみを作ってしまうこともあるようです。

皮下組織吸引法

小さな穴から管を差し込んで、汗腺を吸引する方法です。皮下組織削除法に比べて、さらに傷跡が小さくなります。
最も傷が目立たず、最も短時間で出来るため、現在、全国の美容外科クリニックで盛んにおこなわれています

ただ、皮膚近くの汗腺の吸引が難しく、わきがの根治が難しいという意見もあります。

超音波法

数ミリの穴から超音波発生器を入れる方法で、汗腺組織のみを破壊して吸引する手術です。
小さい傷で短時間に手術が終わるので、最先端のわきが手術として注目されています

ただ、超音波で汗腺組織を破壊する時に発生した熱で、皮膚にダメージのリスクがあるといった声や、アポクリン腺の取り残しのリスクの指摘もあります。

フッターバナー_おすすめ02フッターバナー_制汗剤02
フッターバナー_わきがクリームの選び方02フッターバナー_石鹸の選び方02 フッターバナー_おすすめ03フッターバナー_わきがのチェック01フッターバナー_価格による違い01フッターバナー_基礎知識01

TOPページへ

サブコンテンツ

このページの先頭へ