デトランスαの腋汗対策は強力!使い方には注意して。

デトランスα06デトランスαは、デンマークで作られた「わきが」「足の臭い」「多汗症」対策製品です。
考え方としては、「制汗」をしっかり行うことで、臭いの原因を絶ってしまうというものです。

ただし、購入前に注意しておきたいのは

  • かなり強力
  • 日本製ではないので、サポートがほぼ無い
  • 使用方法が少々面倒
  • 肌が弱い人にはオススメしにくい

・・・・という4点。

継続して使いやすいものを探している人には、デトランスαよりも、クリームタイプの肌に優しいものがオススメかもしれません。

デトランスαとパースピレックスは同じ商品です。デトランスαの注文をしたはずなのに、容器に”Perspirex”(パースピレックス)って書かれたものが送られてきますが、これ、類似品ではなくて正真正銘のデトランスαです。

デトランスαの基本情報

デトランスα■初回購入 2,900円(税抜)

■通常購入 8,560円(税抜)

■返金保証 無し

■おススメ度 B ※おススメ度はS A B C D Eの5段階


消臭力   ★★★★★
夏でなければ、1日~数日間、脇汗を抑える効果が続きます。

サラサラ感 ★☆☆☆☆
ベタベタ感がかなり強いです。特に、夜に塗った直後が辛いです。

香り    ★★★☆☆
かなり強いアルコール系の匂い。塗った後もしばらく続きます。

持ち運び  ★★★★★
コンパクトで、目立たないデザインです。

子供の使用 ★★☆☆☆
説明書に、特に記載がありません。制汗力が強力なので心配。

デトランスαの使い方と使用感

デトランスαはロールオンタイプの制汗剤

デトランスαはこんな感じのロールオンタイプの制汗剤です。
デトランスα04 デトランスα07

ロールオンタイプの場合、ロールの直径が小さいと使いづらくなってしまうんですが、デトランスαのロール部分の直径は、2.4cmくらいあるので、脇の下に塗りやすいです。

脇の下にある汗腺を漏れなくふさいでくれるので、脇汗がしっかり押さえられるイメージです。

液体は透明で、臭いは・・・病院のアルコール消毒液の臭いですね。
ちょっと強い臭いなので、嫌いな人にとっては、とても辛い臭いになります。

使い方に特徴。塗るだけじゃないので気を付けて!

デトランスαの使い方は、ちょっと変わっているので気を付けて下さい。

まず、このロールオンを、夜、風呂上がりに脇の下に塗ります
デトランスα06 デトランスα07

その後、良く乾かしてからパジャマを着ます
乾かないうちにパジャマを着ると、脇の部分に液体が付いてしまうので気を付けて下さい。

そして、ここからがポイントです!
朝起きたら、脇の下をぬれタオルなどで良く拭いてください。
これを忘れてしまうと、脇の下が、一日中ベタつくことになってしまいます。

デトランスαは、ちょっと使いづらい

0-38こんな感じですが、塗った直後のベタつき感がどうにも気持ち悪いです。
乾いたのかな?乾いてないのかな?っていう状態がずっと続いてしまうので、途中でパジャマを着るしかない感じです。
慣れてくると、乾いたタイミングが何となくわかる気がするんですが・・・最初は使いづらいですね。

もう一つの問題点が、
翌朝にふき取るのを忘れてしまう
という点。

朝って、寝ぼけているのと、完全に目覚めるとバタバタしてしまうのとで、脇の下を拭く余裕が持てない時が多いです。

ちなみに、拭き忘れるとどうなるか・・・なんですが、気が付いたら、何となく脇の下にベとっとした感じがします。
ベタベタしているのと違うんですが、何か塗っているな・・・という違和感があります。

デトランスαの腋汗・わきがの臭い対策は強力だった!

デトランスα03実際の効果なんですが、これは強力ですね。

ただし、汗を全くかきません・・・というわけにはいかず、私は腋汗の多いタイプなので、暑い日には多少汗ジミとか出来てしまいました。
でも汗の量は確実に少なくなっているし、臭いも抑えられている感じがします。

説明書を読むと、最初は毎日塗って、徐々に塗る間隔を開けるということが推奨されているんですが、たしかに、暑い日でなければ、2日くらいは余裕で効果が続くこともある感じはします。

デトランスαの特徴

デトランスαは脇汗に対する制汗力が凄い

デトランスα07わきが臭がする理由は、結局のところ、汗をかくからです。

汗は「汗腺」というところから出てきます。

よく、わきが対策商品のホームページなんかで「エクリン腺」とか「アポクリン腺」なんていう言葉を目にすることがあるかもしれませんが、その「エクリン腺」「アポクリン腺」が「汗腺」のことです。

デトランスαはこの2つの汗腺にフタをしてしまって、脇汗が出ないようにしてしまうものです。
だから、「わきが」が強力に抑えられます。
「わきが」ではなくとも、脇の下の汗の臭いが気になっている人にはお勧めできます。
脇汗の汗じみで悩んでいる人には、効果がありますよ!

デトランスαの欠点は4つ

一見完璧に見えるデトランスαの制汗対策なんですが、補えない部分が2つだけあります。

■強力すぎて全身に塗れない・・・加齢臭・体臭対策は無理
デトランスαは、強力な制汗効果がある一方で、局所的にしか使えないんですよね。脇の下、足、手・・・など。
ここはロールオンの限界で、石鹸やボディソープのように全身の臭いを・・・というわけにはいかないです。
そのため、どうしても、加齢臭とか汗の臭いとか、体臭全般には効果を発揮できないですね。

使用感が悪い。ベタつく。
デトランスαは、夜塗って、朝拭き取らないとなりません。
ただ、朝拭き取っても・・・やっぱり脇の下のベタつき感がとれないんですよね・・・。
ましてや、朝、バタバタしていて、ふき取るのを忘れていたりすると・・・夜に風呂入ったくらいだと、ベタつき感が取れなくなります。
このあたりの使い心地の悪さが何となればな・・・と思います。

肌が弱い人に不向き
デトランスαは肌の上に汗を抑える「フタ」をしますから、肌の上にセメダインを塗ったような突っ張り感が出てしまいます。
そのため、私のような肌が弱いタイプだと、肌が赤くなったり、痛くなったりしてしまいます。(あくまでも個人的な感想です。)
肌の弱い人や、子供には不向きですね。

デンマーク製なので・・・製造元のサポートが受けられない
デトランスαは、デンマーク製の制汗剤で、輸入品です。
そのため、日本製の商品に比べると、メーカーサポートにどうしても限界があり、困った時に相談に乗ってもらうのが難しいです。

わきがや汗の悩みを持っていて、使用法・成分などの質問、何かあった場合の相談窓口は?となると、日本製のものがオススメです。


デトランスαの欠点が気になる人には、クリアネオがおすすめ。
デリケートゾーンもカバーできる消臭・制汗クリームで、肌にもとても優しいタイプです。
塗った後も、すぐにサラサラになりますから、使用感を重視する人にも良いですね。

コメントを残す

フッターバナー_おすすめ02フッターバナー_制汗剤02
フッターバナー_わきがクリームの選び方02フッターバナー_石鹸の選び方02 フッターバナー_おすすめ03フッターバナー_わきがのチェック01フッターバナー_価格による違い01フッターバナー_基礎知識01

TOPページへ

サブコンテンツ

このページの先頭へ