リガオスの洗顔フォームで皮脂が取れるかをレビューした

松田龍平、浅野忠信、豊川悦司がCMやっているメンズコスメ、リガオスの洗顔フォームと化粧水を試してみました。カッコいいのか脂っこいのか・・・どっちかわからない微妙な三人が出ていると・・・自分の脂っこい顔がツルツルになってカッコよくなりそうな気分になってきますね。

リガオスの洗顔フォームは4種類、化粧水は2種類

リガオスの洗顔フォームは全部で4種類あります。
・清涼感を重視した「クール」
・毛穴の汚れをキレイニすることを重視した「スクラブ」
・私のようなオジサン向けに保湿を重視した「ノーマル」
・「ノーマル」を泡タイプにした「ホイップ」

私は40過ぎたオジサンで、乾燥肌と脂性肌の混合タイプという厄介な肌質なので、「ノーマル」と「ホイップ」を試してみました。
※写真は、左がノーマル、右がホイップです。
リガオス ノーマルとホイップ

また、化粧水は2種類あります。
・テカリ・ベタつきを抑えることを重視した「オイルコントロール」
・潤いを重視した「リッチモイスト」

これはどちらが合うかわからなかったので、とりあえず両方買って試してみました。
※写真は左がオイルコントロール、右がリッチモイスト
リガオス化粧水01

まずはリガオスの洗顔フォーム・ノーマルタイプを試してみた

リガオス洗顔フォームリガオスの洗顔フォームは、商品名としては「フェイスウォッシュ」というのですが、そのノーマルタイプで顔を洗ってみました。洗顔フォームの見た目は、ごく普通です。小鼻の横や額の脂は、手で泡立てて優しくこするだけでも普通に落ちてくれます。お湯で流してしまえば、コキコキってします。
(下写真のうち左は手で泡立てたもの、右は泡立てネットを使用したもの)
WS000018 リガオス洗顔フォーム

洗った後に、リガオスの化粧水2種類のうち、「リッチモイスト」を使ってみました。化粧水に結構粘りがあって、つけると肌に浸透していくのがよくわかります。顔をタップしていると、すぐに、指や手のひらに肌が吸い付く感じになるんですよね。保湿力はかなりあると思います。
リガオス・化粧水 リガオス・化粧水

翌朝になってみると、顔の皮脂の状態はソコソコ良い感じです。小鼻の横がちょっと脂っぽくなっていましたが、この価格帯を考えれば、結構納得できる感じはあります。ただし、午後を回ると、肌のかさつきが出てきますね。それと同時に、小鼻の横とかは脂ギッシュになりました。

リガオスの化粧水はリッチモイストがおすすめ

リガオスの化粧水は「フェイスローション」って言うんですが、40代以降で脂性の人なら、「オイルコントロール」よりも「リッチモイスト」の方がお勧めです。リガオスの洗顔フォーム(ノーマル)で洗った後、オイルコントロールの方の化粧水も使ってみたのですが、
肌がピリピリして痛い
感じが強かったです。で、つけてもつけても、肌が潤わないんですよね。結果として、入浴後3時間くらいで、小鼻の横に脂が浮き始めました。
リガオス・化粧水 リガオス・化粧水

40代になると、たとえ顔が脂性であったとしても、「実は乾燥肌」ってことは普通にあるようです。肌が乾燥するから皮脂が分泌されて、顔が脂ギッシュになってしまう。その皮脂が酸化することで、加齢臭の元を作ってしまっているという感じですね。

私がスカルプDの洗顔フォームと化粧水を使った時に、オイリー肌用よりもドライ肌用の方があっていたのも、多分そのせいです。
スカルプDの体験レビューはこちら

リガオスの洗顔フォームでホイップは皮脂の落ちが悪い

WS000025リガオスのフェイスウォッシュの「ホイップ」も使ってみました。いわゆる「泡タイプ」の洗顔フォームです。

結論から言うと、この商品では、私の顔の脂は全然取れにくかったですね。プッシュするとモコモコ泡が出てきて、それを顔に塗っていくんですが、ふんわり優しくあらっても、泡がフワフワすぎて、毛穴の汚れとかほとんど取れません。

リガオス・ホイップさらに、小鼻の横や額、頬骨の出っ張ったところなど、皮脂のたまりやすいところの脂が、泡をつけてもつけても落ちてくれないんです(汗)。まあ、泡タイプって皮脂が落ちにくいものが多いのは知っていたんですが、これはちょっと期待外れだな・・・という感じでした。

そう考えると、やはりホイップタイプで洗浄力のあるマージェンスは凄いなとあらためて思いました。
良かったら下の記事も参考にしてみて下さい。

マージェンス・洗顔フォームと化粧水はコチラ

フッター_加齢臭対策ランキング01フッター_加齢臭クリームランキング フッター_ボディソープランキングフッター_シャンプーランキング フッター_石鹸ランキングフッター_女性用アイテム フッター_わきが対策ラボ01フッター_わきが対策ラボ02

コメントを残す