スカルプDの洗顔フォーム・化粧水を使ってみた

あの有名なスカルプDからも洗顔フォームと化粧水が出ているということがわかったので、早速使ってみました。スカルプDと言えば、雨上がり決死隊がCMやってる「育毛剤」の」イメージが強いですよね。でも「頭皮に優しく~」って歌っているくらいですから、加齢臭対策に必要な「肌のケア」には強いんじゃないか?って期待して、買ってみました。

スカルプDは脂性肌用と乾燥肌用がある

スカルプDの洗顔フォームと化粧水は、はそれぞれ
・脂性肌の人向けのもの
・乾燥肌の人向けのもの
の2種類が出ています。
(写真左が脂性肌用、右が乾燥肌用)

スカルプD脂性肌の人向けのものには、
表に「OILY」裏に「脂性肌用」
乾燥肌の人向けのものには、
表に「DRY」裏に「乾燥肌用」
って書いてあります。

どちらも外見が似ているので、通販で購入する時には注意して下さいね。

実際に使う前には、「どうせ、メーカーが売るために書いているだけで、実際にはあんまり変わらないんでしょう?」くらい思っていたんですが・・・実際に使ってビックリ。
脂性肌用と乾燥肌用では、洗顔フォームと化粧水の効果に、明らかな違いが出てきました。

スカルプD、まずは脂性肌用(OILY)の方で洗ってみる

スカルプD洗顔フォームと化粧水私、MANAOは、普通にしていたら、朝から顔が脂ギッシュになります(汗)。額とか小鼻の横とか、指で擦ると脂がベットリとついてしまうタイプです。元々は、「男なんてそんなもんだ」って思っていたんですが、加齢臭のこと調べるようになってから、

実は、顔の皮脂は、加齢臭の発生原因!

ってことがわかって、最近は顔の脂には気を付けるようになっています。まあ、臭いはともかく、ベタベタした顔って見た目も不潔感タップリになりますからね。女子社員からも嫌われますし、何といっても、娘に嫌われるのが嫌だったので・・・ケアするようになりました。

で、そんな私なので、「脂性肌用(OILY)」「乾燥肌用(DRTY)」のどちらを選ぶか?ってなった時に、もちろん脂性肌用を選びました

洗い方は2通り試してみました。まずは、泡立てネットで泡立てて使う方法。
この時は実は最悪で、顔洗って化粧水付けて・・・3時間たったら、もう小鼻の横に脂が浮いていました。で、これは多分「泡立てネット」がこの洗顔フォームと合わないんだろうと思いました。

次に手で泡立てて使う方法で洗顔してみました。
この時は、特に小鼻の横を念入りに、でも優しくマッサージするように洗ってみました。そうすると・・・今度は寝るまでは良かったんですが、翌朝になったら、額も小鼻の横も脂っぽくなっていて・・・指で擦ると脂がベットリ(汗)

せっかくスカルプD試したのに期待外れでがっかりしました。

スカルプDの乾燥肌用を使ってみた

スカルプD洗顔フォームと化粧水そこで、今度はスカルプDの乾燥肌用を使ってみました。私の場合、頬のあたりはカサカサしているんですよね。それに、他の洗顔フォームを使った時、化粧水使わないと脂が浮き出てくるタイプなので、「もしかしたら、乾燥肌用の方が合うのかな?」って思って使ってみました。

これも、泡立てネットで泡立ててから洗顔する方法と、手で泡立てて使う方法の両方を試してみました。

すると、脂性肌用(OILY)の時に比べて、乾燥肌用(DRY)の時の方が、はるかに良かったです。翌朝になって、小鼻の横を指でこすっても、そんなに脂はつきませんでしたね。どちらかというと、泡立てネットを使った時よりも、手で泡立てて使った方が、肌の状態は良い感じがします。

顔が脂ぎってしまう理由の一つが「肌の乾燥」です。だから、メンズコスメでは、洗顔フォームだけでなくて化粧水がセットで売られています。私の場合は、「肌が乾燥するから、皮脂が分泌されて顔がベタつく」っていうパターンなんだってことがよくわかりました。

他のメンズコスメと比べてスカルプDはどうか?

スカルプDの効果は、私にとっては「まあまあ」くらいです。脂性肌用が全く効果なかったことはともかく、乾燥肌用はそこそこ効果ありました。でも、朝起きてみたら、結局はうっすらと脂が顔に浮かんでいるわけですね。バルクオムやマージェンスに比べると、今一つです。

フッター_加齢臭対策ランキング01フッター_加齢臭クリームランキング フッター_ボディソープランキングフッター_シャンプーランキング フッター_石鹸ランキングフッター_女性用アイテム フッター_わきが対策ラボ01フッター_わきが対策ラボ02

コメントを残す